top

menu

メールマーケティングの効果を測定しよう!

メールマーケティングの効果を測定しよう! 気軽に始められるメールマーケティングですが、一方的にメールを送っているだけでは効果も出ず、何の成果にも結びつきません。今回は開封率とクリック率に焦点を当て、コンテンツがユーザーに届く効果的な方法や、計測方法についてご紹介したいと思います。

メールを開封してもらうために

メールの開封率はどれくらい?

Eメールマーケティングメディア「MarketingProfs」によると、メルマガの平均開封率は9.7%~10%前後と言われています。つまり、ほとんどのメールが見られないままゴミ箱行きになっているのが現状です。これはなぜでしょうか?配信先の方の興味領域に関係なく、自社の発信したい情報をメールとして送り続けていることが原因の一つに挙げられるでしょう。

開封率はタイトルが鍵

メールを削除するか開封するかか、判断基準になるのは「タイトル」です。
よくメールで「○○(会社名)通信」というようなタイトルのメールを頂きますが、これはタイトルから内容を推測できないため、開封率を上げるためのタイトルとしてはふさわしくありません。いかに訴求力のあるタイトルを付けられるかがポイントになります。 といっても、いきなり開封率の高いメールのタイトルをつけるのは難しいことだと思いますので、テーマ自体やタイトルの書き方を変えながら、複数パターンのタイトルを試して、メールを送付していくのがよいでしょう。

開封率はメールのタイトルへの興味度合いと受け取った方がメールのタイトルを見る確率に依存しますので、「目に止まる確率=メール配信頻度」と「興味を引く確率=タイトルの種類やパターン」を追求していく必要があります。

開封率を把握しよう

開封率を把握するにはHTMLメールが効果的です。HTMLメールとは、画像や写真等がメール内に現れるメールを指します。HTMLメールの場合、受信者がメルマガを開封すると、メールソフトが自動的に画像をダウンロードします。サーバ側でメール画像のダウンロード数を計測すれば、メルマガの開封率がわかるという仕組みです。そのため、サーバを通さないテキストメールではメールの開封率を知ることは出来ません。
メールの開封率計測の仕組み
BtoBでも最近はHTMLメールが増えてきましたが、まだまだテキストメールが多いのが現状です。
ただHTMLメールを作成するにはそれなりに時間やスキルも必要になるので、そのような時間を割けない場合は、まずテキストメールから始めてもよいと思います。もしくは、テキスト風のHTMLメールを送るという選択肢もあります。

テキスト風のHTMLメールの作りかたについてはこちら
参考記事:これで解決!HTMLメール作成方法(テキスト類似形式)

開封率を計測する、というのもあくまでも一つの指標を計測するためのステップですのでここにこだわりすぎる必要は無いです。開封率がわからない場合には、クリック率やコンバージョン率をしっかり計測して効果測定と改善をおこなっていきましょう。

クリック率を向上させるために

メールを開封いただいたら第一段階はクリアです。次は、メールの内容を読んでいただき、その中のURLをクリックしてアクションを起こしてもらいましょう。

メールのクリック率はどれくらい?

一般的に、メールのクリック率は配信した人を母数にして1%程度と言われています。1,000通お送りして、10名の方がクリックしてくれる想定ですね。メール内のURLの数や、コンテンツの内容、配信対象によって割合は変わってくると思いますが、一つの参考値として捉えておきましょう。

クリック率を計測しよう

メールをお送りして、その中のURLをクリックしているかどうかはメールを送っただけでは計測できません。クリックをカウントする方法はいくつかあります。

①パラメータを付与する

メール内のURLに計測用の「パラメータ」を付与して送付する方法です。 これはアクセス解析と連動していて、ご利用中のアクセス解析ツールが指定するパラメータをURLに付与して送付することでアクセス解析上でクリック数をカウントできます。

例:Google Analyticsの場合
GoogleのURL生成ツールを使うと簡単にパラメータが作成できます。
各項目は、以下のように設定すると良いでしょう。

utm_source=【メール名称を設定】
utm_medium=【mail】
utm_campaign=【日付を入れる】


②メール配信ツールの機能を利用する

メール配信ツールの機能には、クリックカウントができるものがあります。 ツールがクリックカウント用のURLに自動的に変換し、そのURLをクリックした数が分かる仕組みになっているのです。このようなツールの中には、クリックした人が誰かという個人名まで確認することができるものもあります。

クリックURLは複数設定しましょう

当然ながら、お客様はタイトルを見てメールを開封しています。ですので、タイトルに付けた内容についてはメール冒頭できちんと触れるようにしましょう。また冒頭の内容で、メールを読み進めるか決めるので、興味を引くような導入コンテンツと、メール本文にどのような内容が書かれているのか判るようにするとよいでしょう。また、興味のある領域は人それぞれです。盛り込み過ぎても良くないですが、できれば似たような興味領域の中で、数個URLやコンテンツを用意してもクリック率アップに効果があります。

まとめ

いかがでしたか? メルマガは簡単に始められますが、読んでもらえるために工夫を凝らしたり、効果をきちんと計測し、それに基づいて改善を続けることで、より効果的なマーケティング手法にすることができます。みなさんのメールBOXに眠っている他社のメルマガからも何か参考になるものがあるかもしれません。常に改善を続け、効果の高いメルマガを目指していきましょう。

メールマガジンで成果が出せる「メール配信必勝法」

一緒に読まれている記事

listfinder
BBOOK-list

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位 BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位 セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位 セミナー開催のための実践ノウハウbook
 ★新作!お役立ち資料★ マーケティングオートメーションパーフェクトガイド③実践編

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す