top

menu

【初心者向け】今更聞けないGoogle Analyticsの基礎知識

【初心者向け】今更聞けないGoogle Analyticsの基礎知識 今や、多くの企業で導入をされているWeb解析のツール「Google Analytics」ですが、無料ツールである分、使い方や用語についての情報の取得が困難で、お困りの方も多いかと思います。
そこで、なんとなくはわかっているが、実はよくわからないという方のために、今更聞けない基礎知識について記載致します。

※基礎の基礎となりますので、初心者の方向けの記事となります。

Google Analyticsでできること

Google Analyticsで把握できる事は大きく、以下の4点です。

  • ①どこからWEBサイトに訪れたか
  • ②どんなキーワードで訪れたか
  • ③どのページをユーザーは閲覧しているか
  • ④お問い合わせに至ったのか

それではひとつずつ解説していきましょう。

①どこからWEBサイトに訪れたか

ユーザーがどうやって、サイトに訪れたかを把握することが出来ます。

・参照元
ユーザーがどの検索エンジンから流入しているのか。例えば、「Google」なのか「Yahoo」なのかがわかります。
・メディア
ユーザーの流入経路タイプ を把握することが出来ます。
例えば、リスティング広告経由の場合は「cpc」、自然検索経由の場合は「organic」と表示されます。

②どんなキーワードで訪れたか

基本的に、ユーザーは何かのキーワードを検索エンジンに打ち込む事でサイトに流入します。その際に打ち込まれたキーワードを可視化することが出来ます。しかし、検索エンジン経由ではない場合は以下の表示となります。

・(not set)
検索エンジン以外からの訪問やキーワードの情報を持たない流入を指します。
例えば「URLを直接打ち込んだ」場合や、「お気に入り登録」からの訪問です。
・(not provided)
個人情報保護設定されている端末の流入か、Googleが情報保護をしたデータです。
・Referral
リンクURLを直接クリックして訪問した場合を指します。
例えば、「メールマガジンのURLをクリックして訪問」した場合や「被リンク先(SEO対策のリンク元)から訪問」したケースがこれに該当します。

③どのページをユーザーは閲覧しているか

来訪したユーザーがどのページをどれくらい見て離脱していったかを確認することが出来ます。こちらを把握するための用語をご紹介します。

・ページビュー数(PV数)
ページを閲覧した回数を指します。計測の仕組みとしては、HTMLファイルの閲覧数(サーバ上のHTMLファイルのダウンロード数)を計ります。
・ユニークユーザー数(UU数)
サイトを訪問したユーザー数を指します。
・セッション(訪問数)
サイトを訪問した回数 30分以内の再訪は、まとめて1回のセッションとなります。
・直帰率
あるページから閲覧開始し、ユーザーがそのページだけ閲覧をしてサイトを離れた割合

④お問い合わせに至ったのか

「目標の設定」を行う事で、来訪ユーザーのうちどれくらいのユーザーがお問い合わせに至っているのかを計測することが出来ます。

まとめ

GoogleAnalyticsはとても便利なツールであり、Webのプロモーションを実施する上で活用することをお勧めします。Web集客の施策に数十万円を毎月投資している企業様でも、分析・解析をしていないというお声をよく伺います。

しかし、いくら流入数を伸ばしても、CVR(お問い合わせ率)を向上する事が出来なければ、本来の目的であるお問い合わせ数(獲得リード)の増加は望めません。しっかりと分析をしてサイトの改善も行うというPDCAのサイクルを回す事が、Webプロモーションの真価を発揮することにつながっていきます。

BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)

一緒に読まれている記事

  • [公開日]2015年03月31日
  • [最終更新日]
  •  
listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド  ★新作お役立ち資料★ お問い合わせ数アップのためのWebページ改善ガイド >> その他の資料一覧はこちら