top

menu

テレアポの成功はリストアップで決まる!

top55 皆さまは普段から企業の営業やマーケティング活動の中で、最適なKGI・KPIの設定や営業活動の効率化、マーケティングと連携するための仕組み作りなど、日々さまざまなことに取り組んでいることと思います。

最近ではインバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングなど、顧客行動とニーズに合わせたPull型のマーケティング手法が話題となっており、取り入れる企業も増えてきていますが、だからと言って、Push型の営業活動がなくなるわけではないと思います。Pull型の施策ではカバーできない層のユーザーや潜在的なニーズの掘り起こしなど、Push型の活動が効果的な側面もあるからです。

今回はPush型の営業の中でも代表的な手法のひとつである「テレアポ」について、その中でも「リストアップ」に絞って、成果につなげるポイントをご紹介したいと思います。

リストアップがテレアポ成功の鍵を握る!!

ここで突然ですが、質問です。売れる営業の秘訣はなんでしょうか?

知識、提案力、経験・・・確かにそれらも重要です。しかし、売れる営業は例外なく良いリストを持っているのです。それは信頼関係を築いている既存顧客リストかもしれませんし、日々作成・精査しているリストかもしれません。

逆に言ってしまえば、どんなに素晴らしい営業でも、リストが悪ければ高い結果を出すことは難しいでしょう。リストアップは、テレアポの成果を上げるためには必要不可欠な要素と言っても過言ではありません。

リストアップや営業リストの精査は、手間がかかるため敬遠されがちです。しかしリストアップは営業リストとしての役目はもちろんですが、「自社のターゲットは市場にどれぐらいあるのか」を把握し、戦略・戦術を考える上でも重要です。また、リストがアポ率や成約率に大きく影響するのであれば、KGI・KPIの決定や達成にも大きく関わってきます。少し大げさに聞こえるかもしれませんが、それだけコールリストは成果に大きく影響するのです。

営業リスト作成の方法

では、テレアポのためのリストはどうやって作成するのでしょうか。法人営業のリスト作成の方法として、代表的な手法から私の取り組んでいる手法まで、7つの方法をご紹介します。

①:企業リストを購入する

最も一般的なリスト作成の方法は、企業リストの販売会社から購入することです。代表的な企業として帝国データバンクや東京商工リサーチが挙げられます。他にも、ランドスケイプ社の法人リストも有名です。ニッチな企業リストを販売しているとのことで、営業先で耳にすることもよくあります。

リストを購入する最大のメリットは、手間を掛けず、一気に大量のリストを入手できる点です。また、購入の際は様々な企業情報(住所、設立年、従業員数、資本金、売上 etc・・・)からセグメントし、必要な分だけを購入できる点もメリットと言えます。

ただし、購入にはそれなりの費用がかかりますし、ターゲット外の企業が紛れている可能性があったりと、一長一短な側面もあります。

②:インターネット上の公開情報から収集する

昨今ではほとんどの企業がインターネット上で情報を公開しているので、それらの情報を収集してリストを作成する方法もあります。「競合サイトに掲載している企業」「採用サイトに掲載している企業」「競合商材の事例に載っている企業」「リスティング広告の実施企業」など、成果につながるリスト作成が可能な一方、1件1件を手作業でリスト化することはとても大変で、手間がかかります。

最近では「Webクローラー」と呼ばれるツールを使って作業を自動し、効率良くリストを作成することもできますが、Webクローラーを使用する場合には、正確性が保証されませんので、コールの際には気に留めておく必要があるでしょう。

もし、費用をかけられるのであれば、希望の条件でのリストアップを外注するのも良いかもしれませんね。

③:自社で保有している顧客情報を活用する

過去の営業活動で交換した名刺情報や、展示会やセミナーなどの来場者情報、過去のお問い合わせ情報なども営業リストになります。過去に何らかの接点を持った企業は、少なくとも自社のことを知ってくれていますので、そうでない企業よりも比較的アポや案件につながりやすいと言えます。

自身が所有している名刺のみならず、先輩の机の中にある名刺、社長が持っている名刺など、社内の人から情報収集するのもポイントです。

定期的にテレアポなどを行うようであれば、データ化して管理することをおすすめします。

④:アクセス解析情報を利用する

ほとんどの企業が自社のWebサイトを持っていると思いますが、アクセスのあったIPアドレスからサイト閲覧企業を可視化できるようなツールを使うと、現在ニーズのある企業を特定することができます。

もちろん競合企業やパートナー企業の閲覧もあるので、判明した全てが営業リストになることはありませんが、営業対象となる企業に関しては比較的短い期間で成約に至るケースが多く、有望なリスト作成方法と言えます。

⑤:訪問先でお客様が知っている企業のご紹介を頂けないかお伺いする

ご提案先のお客様にも、パートナー企業や定期的に情報交換などを行う方がいらっしゃると思います。製品・サービスをしっかりとご理解頂いた上で、もしお知り合いの企業でお役に立てそうな企業がいらっしゃれば、ご紹介いただけないか正直にお願いしています。

まとめ

テレアポでの成果を高めるためには、リストアップが非常に重要です。今回紹介した以外にも、電車の中の広告やニュース、法改正など、参考になる情報がたくさんあります。各企業の業界や商材、営業体制によっても変わってくると思いますので、ご紹介した内容を参考にして頂きながら、自社にあった方法やリストを見つけ出し、テレアポの成果を高めていきましょう。

ニーズのある企業を見つけ出し アポ率を倍増させるコールリストの作り方

一緒に読まれている記事

  • [公開日]2014年06月6日
  • [最終更新日]
  •  
listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

人気記事Ranking

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位セールスマーケティングマニュアル
 第 2 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド
 第 3 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)