top

menu

いまさら聞けない「DMPとは?」~基礎知識編~

いまさら聞けない「DMPとは?」~基礎知識編~

近年、Webの広告施策のトレンドとして広まり始めた「DMP」。Web広告やマーケティングに関わる方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
この記事では、「自社にあった良いサービスであれば活用したいけど、実は詳しくわからない…」という方向けに、『DMPはどんなものなのか』『どんなことができるのか』をご紹介します。

そもそも、「DMP」とは?

DMPとは「Data Management Platform(データ マネジメント プラットフォーム)」の略で、簡単に説明すると「インターネット上に蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォーム」のことです。

DMPを活用することで、自社で取得したお問い合わせのデータや、外部ツールで取得したWebサイト内での行動履歴などのさまざまな情報をセグメントすることができます。その結果、お問い合わせフォームで離脱したユーザだけをターゲットにした広告配信をしたり、過去に商品を購入したユーザからのリピート購入を狙ったキャンペーンメールを配信したりと、ユーザそれぞれに合ったマーケティング施策が実施できるようになるのです。 DMP活用でこんなことができる!

ここで言う“情報データ”とは、ユーザーのデモグラフィック情報や興味関心、企業独自で保有しているマーケティングデータ(購買行動など)のことで、DMPではこの情報データを以下のように大きく2つに大分しています。

オープンDMP
様々なデータ提供企業が保有している「Webサイト行動履歴」や「年齢・性別などの属性情報」などのデータを蓄積・管理するプラットフォーム。自社だけでは把握できない様々な情報や属性を取得することができる。
プライベートDMP
自社独自で保有している購買履歴や行動履歴、興味関心、部署などのマーケティングデータと外部のデータを組み合わせて蓄積・管理をするプラットフォーム。

DMPのメリットと考慮すべきポイント

DMPを導入する大きなメリットは「従来のマーケティング施策を効率化することができる」ところにあります。

「できればユーザに合わせてマーケティング施策をしたいけど、ユーザそれぞれに合わせて施策を分けるととても手間がかかるし、そもそも自社で持っている情報やターゲティングでは限度がある…」

とお悩みの方もいると思います。この悩みの解決の糸口が、まさにDMPなのです。

DMPを導入することによって、アクセス解析から得られる細かい情報や、自社の顧客データだけでは取得が難しいオーディエンスデータも活用して、ターゲティングすることが可能になります。その結果、これまで大きなカテゴリ単位でしかできなかったターゲティングが、より細かい属性や単位で行うことが可能になり、効率的なマーケティング施策につながるのです。

もちろん、莫大なデータを手動で管理することもできますが、DMPを用いることによって、より細かく・早く管理ができ、工数やミスの削減もできるでしょう。

導入のメリット
  • ・様々なデータ統合
  • ・大量の情報の加工
  • ・高速な処理スピード
  • ・結果の分析や課題発見
  • ・セキュリティ性

このようにDMPの導入で、マーケティング施策の効率化、データ管理・処理の効率化を図ることができます。メリットだけをみるとすぐにでも導入をしたくなりますが、DMP導入には以下のような考慮するポイントがあるのも事実です。

考慮すべきポイント
  • ・データの取り扱いや主管部門、責任の所在等の整備
  • ・保有しているデータの整理・管理

DMPを使うことでマーケティングの幅が広がる代わりに、導入するにあたり、部門ないしは会社組織全体で対応しなくてはいけない事がでてきます。

また、様々なデータを一元管理・分析ができるという柔軟性に富んでいるがゆえに、目的を明確にしておかないとプロジェクト自体が肥大化してしまい、収拾がつかなくなってしまうことも少なくありません。

DMPの導入を検討するにあたり、自社で保有するデータの整備状況や会社のプライバシーやセキュリティポリシー、または各担当部門との連携は可能かをあらかじめ確認しておきましょう。

DMP導入検討のポイント

ここまではDMPの簡単なご紹介と、導入のメリットや課題をまとめてきました。 いよいよここからは、実際に導入や活用をする際の手順やポイントについて見ていきましょう。

≪導入までの流れ≫
  • ① DMPを実施する「目的」を考える
  • ② 目的に応じてどんな種類(オープン、プライベート)を導入するか決める
  • ③ ①、②の要件を満たすベンダーを選定する

① DMPを実施する「目的」を考える

「なんとなく導入する」では恐らくうまく活用できないのがDMPです。そのため、まず初めにDMPを導入する目的や導入後の目標と、それに基づいて実施すべき作業や体制について考えます。

「どんな課題を解決したいのか」「どんな施策を打ちたいのか」「誰が、どのような体制で施策を実施するか」「それによってどのような効果が得られるか」なるべく具体的に考えて検討した方が良いと思います。

② 目的に応じてどんな種類(オープン、プライベート)を導入するか決める

①決めた内容によって、必要となる機能やオーディエンスデータ、DMPの種類などが異なるはずです。外部のWebサイトから取得したデータで事足りるのか、それとも自社で蓄積したデータを活用していくのかで決めていくとよいでしょう。

③ ①、②の要件を満たすベンダーを選定する

近年、DMPベンダーが続々と登場しています。①、②で決めた目的やDMPの種類に合わせてベンダーを選定してください。

DMPポジショニングマップ

参考:デジタルマーケティングラボ

まとめ

「DMPという言葉は知っているけど、よくわからない」「難しそう」と考えていた皆さま、参考になりましたでしょうか。データ設計や運用面、そして費用面でも決して導入のハードルは低くはないものではありますが、今後より活用が進んでいく分野です。

「最近、マーケティング施策の成果が伸び悩んでいるんだよな」とお悩みの方は、ぜひこの機会に全体のマーケティング施策のひとつとして、考えてみてはいかがでしょうか。

お役立ち資料のご案内

BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド  ★新作お役立ち資料★ お問い合わせ数アップのためのWebページ改善ガイド >> その他の資料一覧はこちら