top

menu

コストをかけずに今すぐ実践!セミナー集客の方法4選

コストをかけずに今すぐ実践!セミナー集客の方法4選 マーケティングを担当されている方であれば、一度は苦労されるであろう「セミナー集客」。

「セミナーの開催日が近いのに、全く人が集まっていない・・・。」 「せっかく工数・人員をかけて開催したセミナー、参加者が3人だった・・・。」 「集客がうまく行かずにセミナー自体をやめてしまった・・・。」

そんなお悩みを感じたことがある方、すぐにできて集客がうまくいく方法を知りたくありませんか?今回は、セミナー集客を成功させるためのヒントとして、「コストをかけず!いますぐ実践できる、セミナー集客の方法4選」をご紹介いたします。

1.自社の顧客リストへのメール配信

自社の顧客リストへの、セミナー集客のためのメールを送り集客する方法です。 これは、皆様実践されている手法と思いますので、注意すべきポイントを抜粋してまとめました。

集客メールのタイトル

セミナー集客メールは、タイトルが命です。開封率やクリック率、申込み率に大きく関係しますので、以下のポイントを抑えてタイトルを付けましょう。

  • ・セミナーの内容(料金・場所・日程など)がひと目でわかるか?
  • ・訴求の強い文言、強調表現(記号など)が適切に使えているか?
  • ・参加特典や参加者のメリットが盛り込まれているか?

セミナー紹介文

セミナー紹介文は、タイトルに惹かれメールを開いてくれた方が、いかに申込みをしたくなるか?を訴求する必要があります。日程やセミナーテーマ以外に、参加費・開催場所(アクセス)・どんな方へおすすめするセミナーなど、詳細内容も漏れ無く記載しましょう。

申し込みフォームへの導線

本文には、必ずセミナーお申し込みフォームへの導線を複数設置しましょう。 導線の文言などは、テストをしてどれが良いかを検証すると成果が改善しやすいです。

2.ブログやSNSの活用

自社で運用しているブログや、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを活用して集客する方法です。企業ページをすでに持っているようであれば、セミナーの開催に合わせ概要を投稿することで告知・集客が図れます。

特に、SNSでは投稿を直接見てお申込みをしてもらえるだけではなく、「拡散」してもらうことも出来ます(Facebookでは「いいね!」や「シェア」など)。この「拡散」をうまく活用して、より効果的な集客を出来るよう、投稿時のポイントをまとめました。

  • ・投稿時は、メールと同様「タイトル」の工夫が重要
  • ・セミナーの告知をするブログ・SNSは、出来るだけ漏れ無く毎回投稿しましょう
  • ・投稿後、自社社員(特に経営者)に「いいね!」やシェアをしてもらいましょう

ブログ・SNS共に、投稿が少なく毎回同じような内容ですと、ユーザーに飽きられてしまいます。「飽きられない工夫」も考える必要がありますので、タイトルや紹介文の異なる色々な投稿をして、いいね!の数やコメント数の多い投稿を参考に、改善しましょう。

また、Facebookでは、セミナー集客に活用できる「イベント機能」があります。参加申込みを自社Webサイトにこだわらないようであれば、ご活用ください。

3.無料のセミナー集客媒体

セミナー集客を専門に扱う、またはセミナー告知を投稿できるような無料の媒体を活用して集客する方法です。セミナー告知が出来るサイトを、いくつか抜粋して紹介します。

セミナーズ

会員登録することで、無料でセミナー告知ができる媒体です。 セミナーズTOP画像https://www.seminars.jp/

セミナーBIZ

無料会員登録で、セミナーを無料で告知することができます。使える機能などの幅が広がる有料会員もあります。 セミナーBIZ TOP画像 http://www.seminar-biz.com/company/entry

セミナー情報.com/無料セミナー情報.com

セミナー情報/無料のセミナー情報を扱う姉妹サイトです。無料会員登録で、セミナーを無料で告知することができます。掲載には審査が必要なため、必ず掲載できるものではありません。 セミナー情報.com TOP画像http://www.seminarjyoho.com/

無料セミナー情報.com TOP画像http://www.muryou-seminarjyoho.com/

※その他にも、様々な無料セミナー告知サイトがありますので、広く告知をされたい方はぜひ同様のサイトを探してみてください。

また、セミナーに参加してもらいたいターゲットの属性に合う媒体などで、会員登録をすると「投稿」が出来るような媒体もあります。(例えば、Web担当者がターゲットの場合は、「Web担当者フォーラム(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)」など)

自社がターゲットとする企業のご担当者様が訪問・閲覧しそうなサイトなど、投稿機能があるかどうかもご確認いただけると、リーチの幅が広がるかもしれません。

4.共催セミナーを開き、共催者からも集客してもらう

自社だけではなく、共催することで集客数を上げる(共催者にも集客してもらう)方法です。(短期的に集客数を上げるというよりは、中長期的/戦略的なセミナー企画のご参考にしていただければと思います)

セミナー自体を2社(もしくは3社以上)で開催することで、集客元となる顧客リストを増やします。ターゲットとする参加対象者の属性が近しい企業と共催することが重要です。

共催セミナーには、他にメリット/デメリットがありますので、以下をご確認の上ご検討してみてください。

【メリット】

  • ・集客力が上がる
  • ・近しいターゲットかつ、新規のリストへアプローチできる可能性がある
  • ・ユーザーにとっても、一度に複数のセミナー講演を聞ける
【デメリット】

  • ・集客目標にコミットが求められる
  • ・アプローチが一時期に集中し、検討が他社に向かう・長期化する可能性がある
  • ・ユーザーは、一度に多くの情報を得るため、印象が浅くなる可能性がある

さいごに

いかがでしたしょうか? すぐに実施いただけるもの、戦略的に取り組んでいただく必要があるものもありますが、集客にお悩みを持つ方はぜひ参考にしてみてください。

セミナー開催のための実践ノウハウBook

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位セールスマーケティングマニュアル
 第 2 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド
 第 3 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)