top

menu

ヒートマップとマーケティング戦略

ヒートマップとマーケティング戦略 みなさん、ヒートマップツールを知っていますか?
サイトのクリック状況やマウスの動きを、色でマッピングしてくれるツールです。 PCでの閲覧解析に用いられることが多いヒートマップですが、昨今のスマートフォンの普及に伴い、モバイルサイトにも適用され、注目が集まっています。
今回は、そんなヒートマップの概要の説明から、普及しているツールまでご紹介したいと思います。 ヒートマップを活用して、快適なマーケティングライフを過ごしていきましょう。

ヒートマップとは

冒頭でも少し触れましたが、ヒートマップとは、 「個々のデータを可視化するために、データを行列の型に落とし込み、強弱を色で分け視覚化する方法」を指します。 いわゆるこういった図が有名ですよね。
heatmap

ヒートマップツールは、Webサイトに専用のタグを設置することで、クリックやマウスの動きを計測できます。いわゆるアクセス解析の部類に入ります。
アクセス解析との違いは、

  • ・マウスの動きやクリックの動作といった、各ページの細かいデータを集計できる
  • ・色づけによってわかりやすく視覚化できる

という点です。

ヒートマップの仕組み

続いて、ヒートマップの仕組みについて細かく見ていきましょう。
先ほど、「個々のデータを可視化するために、データを行列の型に落とし込み、強弱を色で分け視覚化する方法」と述べましたが、実際どのような仕組みなのでしょうか? 以下で算出方法を説明します。

まず、Webサイトを横軸と縦軸で区切ります。
こんな感じで横をX軸、縦をY軸とおきます。
ヒートマップ算出方法1

次にそれぞれの領域を以下のようにXY軸で落とし込みます。
内部の数値は、ユーザーがクリックしたものと思ってください。
ヒートマップ算出方法2

それぞれの領域を色で区分けたときに、数値が大きいものほど赤、数値が低いものは濃い青と設定すると、以下のようになります。
ヒートマップ算出方法3

このように、サイト内でのクリックやマウスの動きをトラッキングして数値化、描画することでヒートマップは作られています。
ヒートマップ算出方法4

ヒートマップでできること

ヒートマップでできることはたくさんありますが、主要なものをピックアップして紹介したいと思います。

・マウストラッキング

その名の通りマウスの動きを数値化して描画できます。 クリックはされなかったけどボタンにマウスは集まっている、という情報もわかります。
例えば、ABテストで、ボタンのデザイン変更による差異を追ってみると良いかもしれません。

・クリックトラッキング

クリックの動きを数値化して描画できます。 リンクだけでなく、画像やテキストもクリックしたかどうか数値化可能です。
リンクに飛んだか否かをまずは追ってみましょう。

・スクロール

スクロールした動きを数値化して描画できます。
サイト内でどこまでスクロールされ、どこで戻ったのか(離脱したか)を判別できるので、離脱原因箇所を特定していきましょう。

・熟読度

どのコンテンツを熟読しているのかを計測して描画できます。
熟読するから良いのではなく、逆に不満に思っていることもあります。 熟読後離脱した場合、熟読前後の経緯を追ってみましょう。

・アイトラッキング

アイトラッキングは、ユーザーの視線を追う機器を導入することで、サイトのどこを閲覧したのかを計測できる機能です。 全てのヒートマップに搭載されている機能ではありませんが、ヒートマップやアクセス解析では判明できないような、隠れた動きを計測できます。
計測の仕組みはというと、赤外線を用いることでユーザーの視線をキャッチしています。
「お問い合わせページへの遷移率は高いのにコンバージョンしない」という話はよく耳にしますが、アイトラッキングの導入で改善する場合もあるそうです。

ヒートマップのツール紹介

ここまでは一般的なヒートマップについて述べてきましたが、ここからは具体的なツールをいくつか紹介していきたいと思います。

User Insight

日本発のヒートマップツールで行政からBtoB、BtoC企業まで多くの事例を抱えています。アクセス解析も可能で、マウスの動きをトラッキングして数値化できます。 価格も月額5万円からと比較的安価です。 Google AnalyticsのUIと似ている点もあり、マーケティング担当者の人気も強いそうです。

Ptengine

中国発のヒートマップツールで、無料版と有料版があります。 無料版があるのはヒートマップ初心者にとってはうれしいですね。 有料版でも月額15,000円からと非常に安く、お試しで導入したユーザーは多いかもしれません。 安価であるためか、世界で80,000アカウント以上の利用者を誇っており、メディアへの露出も多いです。

Mouseflow

Mouseflowは海外の人気が強く、Microsoftやdysonも導入しているヒートマップツールです。 世界で100,000社以上の導入実績を誇り、2010年4月の創業以降急成長しています。 ヒートマップ機能だけでなく、分析ができる機能も魅力のひとつです。

クリックテール

世界10万社以上の利用実績を誇る解析ツールです。 日本ではBtoCの企業に多く導入されており、他のツールよりも機能が充実している印象です。 また、Google AnalyticsやAdobe Analyticsと連携ができることも魅力のひとつです。

まとめとユーザテストの必要性

いかがでしたでしょうか? ヒートマップの特徴から具体的なツールまで紹介してきましたが、使ってみたいと思いましたでしょうか?
ただ、あくまでヒートマップはツールなので、ユーザーの本当の課題を見つける努力は必要です。 そのためにも、サービスやアプリケーションを使ってテストする「ユーザテスト」も、並行して行なう必要があります。 ヒートマップとユーザテストを活用し、サービスが改善するよう頑張っていきましょう。

BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

最新の記事

今週の人気記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド
 第 2 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 3 位インサイドセールス実践ガイドブック