top

menu

今さら聞けない「コンテンツSEO」って何?

今さら聞けない「コンテンツSEO」って何? コンテンツマーケティングというキーワードが広まると同時に、「コンテンツSEO」というキーワードもよく話題に上がるようになりました。意外と知っている様で知らないキーワードだと思いますので、ご紹介させて頂きます。

そもそも「SEO」とはなんだっけ?

SEO(Search Engine Optimization)とは、 検索エンジンを利用した集客・WEBプロモーションです。主に特定のキーワードの検索結果(自然検索結果)で上位表示されることを目的に、 様々な対策を実施することを指します。 例えば、「SEO」と検索をした時に、一番上位に自社サイトを表示させる事を目的に施策を実施することです。

「SEO」に必要な要素とは?

SEOに必要だと言われている事は大きく2軸に分かれます。ひとつは「内部的要素」、もうひとつは「外部的要素」です。

内部的要素とは サイトの中身に関する要素です。ホームページの内容を、検索エンジンが好み、 認識しやすい形式で表示することが大切だと言われています。どういう事かというと、検索エンジンが各サイトの善し悪しを決定する際には、クローラと呼ばれるロボットが収集した「インデックス」という登録情報を元にしています。検索エンジンに良いサイトだと認識してもらうためには、一つ一つのページの情報が適切な形で登録(インデックス)されている必要があります。また、しっかりとユーザーが求めている内容のコンテンツが掲載されているかどうかを加味します。簡単に言えば、上位表示させるに相応しい内容がしっかりと書かれているかという事です。

外部的要素 他サイトから優良なホームページだと認められているかどうか(外部リンク設置) を評価するための要素です。ここ数年はこちらの要素が最も大切だと言われてきました。各SEOベンダーもこちらの支援をメインにしていました。多くの場合、リンクリソースと呼ばれる、顧客のサイトに対するリンクを設置するためのダミーサイトを複数、作成し、検索エンジンからの評価を上げていくという施策を行っていました。

SEOの外部的要素と内部的要素

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、前段で書かせて頂いた「内部的要素」を最も大切にしていこうという施策です。ですので、実は新しい考え方ではなく今まであった考え方なのです。 端的に言うと、ユーザーからも検索エンジンからも評価される情報を定期的にアップして良質なサイトを運営しましょうという事です。その結果として、お問い合わせの数を増加させ、比例して売り上げ向上に繋げるというのがコンテンツSEOの目的です。

なぜ、今になって、「コンテンツSEO」というキーワードが盛んに使われる様になったのかというと、一番の要因は「検索エンジンのロボットが賢くなった」からです。 検索エンジンは検索順位の決め方(アルゴリズム)をいくつかのパターンに分けて、定期的にアップデートしています。Googleの場合、この中で最もコンテンツSEOと関係が深いのは「パンダアルゴリズム」と言われているものです。パンダアルゴリズムはホームページ内のコンテンツの中身を精査するアルゴリズムで、コンテンツのオリジナル性、有益性などを見ています。2014年に、このパンダアルゴリズムが複数回アップデートされました。つまり、内部的要素の採点方法がかなり厳しくなったのです。結果的に今までは外部的要素が最も大切だと言われてきた神話が崩壊したのです。

コンテンツSEOを実践する際のポイント

検索エンジンがどのようなコンテンツを良質と判断するのかを理解する 検索エンジンがサイトの善し悪しを決定するロジックには複数の軸があります。また、定期的にそのロジックが変わって行きます。この情報を定期的にキャッチアップすることの出来る状態を保つ事がポイントとなります。

検索ユーザーがどのようなコンテンツを求めているのかを理解する 売り手の主張と、買い手の欲しい情報が反比例しているケースがBtoBの場合、多く見られます。大切な事は、ユーザーが欲しい情報を掲載出来ているかどうかです。仮に、SEOで上位に表示が出来ていたとしても、ユーザーが有意義だと感じる情報が掲載されていなければ、すぐに離脱され、お問い合わせの向上や売り上げの向上には決して結びつきません。 繰り返しになりますが、貴社商材を購買する企業はどういった事で悩んでいて、どういった課題を解決したいのかという事を理解しておく事が必要なのです。

まとめ

このブログでもコンテンツSEOを実施してから、多くのキーワードで上位表示を実現しています。また、定期的に良質なコンテンツをサイトにアップする事でそれは資産となっていきます。数ヶ月前にアップした記事コンテンツが自然検索で上位に表示している事で、未だに300~500(1ページあたり)の流入があったりします。こういった施策の積み重ねが、サイトの価値を最大化出来ますし、効率的なリード獲得に繋がります。 中長期の施策となりますので、成果が目に見えるまでタイムラグがあると思いますが、行うべき事を実施し続ける事がコンテンツSEO成功の秘訣かもしれません。

コンテンツマーケティングを始める前に 最低限知っておくべき3つのポイント


一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド  ★新作お役立ち資料★ お問い合わせ数アップのためのWebページ改善ガイド >> その他の資料一覧はこちら