INNOVATION

ママさんの働き方

結婚、出産、育児、介護。
イノベーションは、
メンバーがどのような
ライフステージに置かれても、
「自分らしく働ける場所」で
ありたいと思っています。

ママさん座談会
「働くママ」たちが語る、
イノベーションが働きやすい理由

信頼関係があり時間の融通もきく、働きやすい職場

イノベーションは働きやすいと聞きます。どのようなところが「働きやすい」と思うポイントなのでしょうか?

中澤:まずイノベーションには、既婚・未婚、男女を問わず、社員同士に信頼関係があると思います。その上で、お互いのプライベートを大切にできる雰囲気がありますよね。

萬代:頑張る人、成長している人をきちんと評価していることも大きいと思います。その土台があるからこそお互いを思いやれる、と言いますか……。最近では子供がいる世代が多くなってきていることもあって、サポートし合える雰囲気もできてきました。限られた時間の中で仕事をしていることを、チームメンバーが理解してくれているんです。退社時間になると、「大丈夫?」「帰る時間だよ」と声をかけあうなど、お互いに気遣い合って仕事ができています。

大久保:子供の都合で急にお休みしなければならなくなったときにも対応してくれたり、変則的な時間の融通がきいたりするので、働きやすいと思います。お客様対応や見積もりの作成、社内処理などの業務などが自己完結できるようになっているので、周りのメンバーにも最低限の迷惑をかけるだけで済みますしね。

中澤:子供が小学校に上がって、学校や学童の行事に参加する機会が増えたのですが、当時の上司が、そうした「小1の壁」についてざっくり話し合う面談の場をつくってくれたんです。それだけで、気持ちが楽になりましたね。もちろん、休みを頻繁に取ることも理解していただいたので、とても助かりました。

三浦:女性だからという理由で、チャレンジする機会が得られないということはイノベーションではありませんし、復帰がしやすいところもポイントですね。皆さんが言うように、子供が具合悪いときの休暇や時短勤務などに対して周りの理解があります。それをどのようにチームでカバーするかを一緒になって考えてくれ、その上で最も成果が出る体制をつくってくれている。それが、そのまま働きやすさにつながっていると感じています。

大久保 佳美
新卒で外資系商社に入社し、化学品の営業職を務めた後、ブライダル業界や専門商社を経て、2007年に株式会社イノベーションに入社。マーケティング推進部にてIT業界に向けた営業に携わる。二度の育児休暇を経て、2016年4月より「ITトレンド」の営業マネージャーとして復帰。
萬代 真子
新卒で医薬品製造会社に入社し、医薬品の営業職として勤務した後、外資保険会社に転職。育児休暇を経て復帰するも、夫の転勤のため退職。名古屋にて司法書士事務所、保険株式会社に勤務し、二度目の育児休暇を取得。再び夫の転勤で東京に戻り、2016年10月に株式会社イノベーションに入社し、「ITトレンド」の既存営業を担当。
中澤 静
新卒で損害保険会社に入社し、システムの運用やサポートに携わる。その後2007年に株式会社イノベーションに転職し、テレマーケティングを担当した後、育児休暇を取得。復帰後は、情報システムの管理や導入、労務などの領域で幅広く活躍。2016年9月より、「リストファインダー」のカスタマーサポートに携わる。
三浦 由加里
大学卒業後、オーストラリアでのワーキングホリデーを経て、2008年に株式会社イノベーションに入社。テレマーケティングの営業やシステム導入のプロジェクト責任者、「ITトレンド」のマネージャー職を務めた後、介護休暇と育児休暇を取得。2016年5月に復帰し、「リストファインダー」の既存営業を担当。

これまでの働くママたちが築いた礎の上に今がある

女性に限らず、今後は男女や世代を問わずお互いに協力し合ったり、気遣ったりすることが大切になっていきますね。他の方が働きやすいように、自分自身が気をつけていることや心がけていることがあれば教えてください。

中澤:質問は最適な相手を選んでする、話しかける前に要点をまとめておく、小さな依頼でも期限を伝えるなど、相手の時間を無駄にしない工夫をすることを心がけています。それから、「気がかりなことや言い出せないことがあるのでは?」と思って人を見るようにし、できるだけ相手の気持ちを察するようにしています。周りの人がそうしてくれているので、自分もそうしようと思っています。

三浦:時短勤務になって、「より短時間で最大のパフォーマンスを上げること」を追求するようになりました。時短のママ自身がその努力をせずに、復帰前と同じスピードで仕事をしていたら、誰も手伝いたいとは思わないでしょう。ハンデを背負っている側はただ気遣ってもらうのではなくて、その働き方を理解してもらい、認めてもらうことが、フルタイムのメンバーと働く上で重要なことだと考えています。

大久保:私も環境や制度、周囲に甘えないという点には気をつけています。法律が改正され、制度が充実し、一緒に働く人の意識まで変化してきた。これは、社内外問わず、これまで働くママさんたちが努力して開拓してきてくれたおかげだと思うんです。だからこそ、「やっぱり時短とか働くママって迷惑だな」と思われたり、負担になったりすることのないよう、意識を持って行動することを心がけています。

萬代:それは大切なことですよね。仕事はサポートし合って進めていくものです。いま私が在籍している部署は特に既存営業と新規営業の連携が不可欠なので、自分ができるサポートを日ごろから進んでするように、意識して働いています。

女性に限らず、それぞれが望む働き方を可能にしていきたい

今後、「働きやすさ」をさらに改善していくために、どのように環境や仕組み、考え方等を変えていきたいですか?

萬代:今のイノベーションでは、子供がいるのは女性が多いですが、今後は子供を持つ男性社員も増えてくると思います。急な発熱などで子供を保育園に預けられないときに、会社に連れてくることができたり、ベビーシッターに頼めたりする仕組みができるといいですね。例えば、営業のアポイントメントを突発的な理由で断るのは難しいので、そのときだけでも子供を見てくれる人がいたら本当に助かると思います。

大久保:本当は性別や既婚・未婚に関わらず、全ての社員が「週5日、オフィスに9時に出社し、18時には帰る」ではなく、根本から変えていきたいですね。もっと遊びたいですし、自由な時間もほしいです。私は仕事が大好きですが子供も大好きなので、一か月くらいハワイにでも連れて行って、母や娘2人とのんびり遊びたい(笑)。そういう「メリハリ」は必要だと思いますね。

中澤:私は、時間単位でお休みがとれるといいなと思います。もしくは、フレックスタイムにしたり、週に何日かは在宅勤務できたりするといいですね。かけた時間ではなく、出した成果でお給料が決まる給与体系にできれば、働き方の自由度も上がると思います。

三浦:私もリモートワークの仕組みは必要だと思います。子供の病気になると登園禁止期間が長くなることもあり、その間すべての仕事を止めるというわけにはいきません。自宅で働けたら助かるというシーンはたくさんありますね。

大久保:現在でもクラウド環境は整っているので、私は営業先近くのカフェからメールに対応するなど場所を問わずに仕事ができています。営業職に限らず、どの職種・職責でもリモートワークができるようになるといいですよね。在宅勤務にしても、職種によっては会社にいないと評価が難しいという問題があります。リモートや在宅はあくまで手段ですが、皆がそれぞれのライフステージで「どのように働きたいか」によって働き方を選択できることが理想です。

三浦:それから、男性社員の育児休暇の取得や時短勤務も定着してほしいと思います。これまでも一週間くらいの育休取得実績はありますが、まだまだ認知されていません。私がもし第三子を出産する機会があったら、夫に育児休暇を取得してもらおうと考えているんです。

萬代:それは良いですね。育児には仕事とは種類の違う大変さがあるので、男性にとっても良い経験になると思います。

数字でみるイノベーション

働くママの一日

マネジャー カスタマーサポート

1日のスケジュール

  • 出社

    仕事の準備をします。


    9:00
  • 始業

    約5分間の部門朝会に参加。短時間ですが、全員が顔を合わせられる貴重な時間です。


    10:00
  • ミーティング

    営業チームでの会議に出席。現状報告をおこない、活発に意見交換をします。


    10:10
  • クライアントへ連絡

    別チームが作成したリストに沿って、電話でアポイントを取ります。


    10:30
  • クライアントを訪問

    新規顧客にプレゼンテーションをします。ITトレンドというメディアの強みをわかりやすく紹介し、顧客にどのような価値を提供できるかに力を入れて提案しました。


    11:30
  • 昼休み

    訪問終了後、そのまま外で昼食。最近、訪問先のそばで見つけた お気に入りのお店へ。外でのランチは良い気分転換になります。


    12:30
  • 帰社

    いったん会社に戻り、電話やメールなどに対応。


    13:30
  • クライアントを訪問

    契約締結に立ち合い。営業が実を結び契約に至ったときは、大きな喜びを味わえます。


    15:00
  • 帰社

    訪問のお礼メールを送ります。きめ細やかなアフターフォローを心がけています。


    16:10
  • 部内で打ち合わせ

    所属部門のプロジェクト進行について確認します。問題点を洗い出し、改善、解決できるものはすぐに実行します。


    16:20
  • 退社

    子どもを保育園に迎えに行きます。3歳を過ぎても時短勤務が可能なのは嬉しいです。


    17:00

働くママの本音

ここが良いところ

  • 急な休みや変則的な時間の融通などに対応してくれる。
  • お互いに信頼し合い、気遣い合う文化が浸透している。
  • 成果を出しながら、プライベートを大切にできる雰囲気がある。

より良くしたいところ

  • 働く人の職種やライフステージに応じて、柔軟に働き方を選択できるようにしていきたい。
  • こどもの急な発熱等で保育園に預けられない時に、会社に連れてきてもいい仕組みを作っていきたい。
  • 女性に限らず、男性や未婚者も含めて、「9時に出社し18時に帰る」環境にすることで、社員全員のライフも充実させていきたい。

1日のスケジュール

  • 出社

    子どもを保育園に送り届けたあと、出社します。子どもが発熱したときなどは、主人と交代で対応しています。


    10:00
  • ミーティング

    部署内での情報共有に努めます。


    10:10
  • メールチェック、電話対応など

    お客様からのお問い合わせに対応する中で、ツールの改善点に気づくことも。気づいた点はまとめておき、担当部署へ報告します。


    9:40
  • 訪問準備

    午後からの2件のアポイントメントに備え、資料などの最終確認をします。


    11:00
  • 訪問

    1件目の担当企業を訪問。既にご利用いただいているサービスの新たな活用法についてご提案したところ、好感触を得られました。


    13:00
  • 訪問

    2件目の担当企業を訪問。先方の担当者が変わり、初めてご挨拶させていただきました。引き続きしっかりとフォローをしていきます。


    15:00
  • メール対応

    カフェにてメールをチェックし、対応します。帰社せずに、出先でそのまま内勤の仕事ができるなど、融通が効きます。


    16:00
  • 直帰

    子どもを迎えに行きます。元気そうな顔を見ると、ホッとします。


    17:00

働くママの本音

ここが良いところ

  • 頑張る人、成長してる人をきちんと評価してくれており、女性だからという理由でチャレンジできないということがない。
  • 子供の病気などで、急な休みを取る場合でもサポートしてくれる環境がある。
  • 周囲のチームメンバーが自分の時間が限られていることを理解してくれている。

より良くしたいところ

  • 時間単位での休暇取得やフレックスタイム制を可能にしていきたい。
  • 男性も育児休暇取得や時短勤務を使いやすい環境にしていきたい。
  • 子供の病気などで登園禁止になる場合等のために、自宅で仕事が出来るリモートワークを導入したい。
エントリーはこちらから
新卒採用中途採用