INNOVATION

エンジニアの働き方

イノベーションのエンジニアチームは、
2016年4月に正式に発足したばかり。
まさに「これから」の環境だからこそ、
できる経験があります。

エンジニア​座談会
生まれて間もない成長途上のチームだからこそ、
経験できることがある

技術を「目的」とするのではなく、理念ありきの「手段」として使う

エンジニアにとって、またあなた自身にとって、イノベーションの魅力はどこでしょうか。

矢ヶ崎 :イノベーションのエンジニアは、自社のプロダクトやサービス、社内システムを開発しています。ですから、会社に直接貢献している実感を持てますし、社内からフィードバックがあるので成果がわかりやすいという魅力もあります。機能の仕様など自分の意見を反映できる部分も多いので、プロダクトへの愛着も湧きますし、責任を持って開発に取り組むことができます。また、メンバーそれぞれの取り組みがエンジニア組織全体の改善に繋がるところも良いですね。エンジニアの組織は出来てから間もなく、成長途上にあるので、チームづくりに携わることができます。

山本 :私は、与えられたものをこなすだけではなく、自分で考え、行動する必要があるところに魅力を感じています。その分大変さもありますが、一人ひとりが自由な発想で考えを発信しやすい雰囲気があるので、結果的にアウトプットが多くなり、早く成長できる環境があると思います。

中村 :私も自分が納得しないものは作りたくないタイプなので、自分で考えて開発できる環境は働きがいがあります。また、子どもがいるので、繁忙期以外は20時までに帰宅できるところはありがたいですね。でも、「働きやすさ」で仕事を選んでいるわけではありません。

小笹 :まだどの部署も人手不足ということもあり、枠にとらわれず幅広くチャレンジできるのは魅力的ですね。自分たちの使命は何か、どのようにすれば高い価値を出せるかを考えながら仕事ができます。エンジニアには自ら環境を改善していこうという姿勢がありますし、組織全体にはそれを受容する意識が感じられます。また、理念と信念を持って働いているチームでもあることも良いですね。

矢ヶ崎 :それは私も感じています。会社の理念に共感していることがベースにあり、技術を目的とするのではなく手段として活用できるチームですよね。「何を作るか」ではなく、「お客様の役に立つものをどのように作るか」を考え、開発し続けているチームだと思います。

矢ヶ崎 哲宏
幼少時のマイコン時代からプログラミングを続け、近年では中国でのIaaSサービス立ち上げや、マルチリージョン・マルチサービスの統合インフラ設計・構築などに従事。2015年イノベーションに数少ないエンジニアチームの一人として入社した後は、技術開発ユニットにて「リストファインダー」などの開発に携わる。好きな言語はC++とGo。
中村 瑞基
システムエンジニアとして働く傍ら趣味のダーツに没頭し、ダーツバーの店員に転職。しかし、やはり開発が向いていたと思い直し、受託開発をする会社にプログラマとして入社。取引先であるイノベーションにヘッドハンティングされ、同社のエンジニア第1号として入社。現在は技術開発ユニットにて「ITトレンド」を担当。
山本 亜美
2013年イノベーションに新卒入社。「リストファインダー」営業チーム、「ITトレンド」管理グループを経て、エンジニアへの転身を願い出る。2016年10月、技術開発部門がユニットとして独立すると同時に、技術開発ユニットに配属される。営業・管理部門での経験を活かし、エンジニアとしての技術を磨きながら活躍している。
小笹 佑京
2013年よりイノベーションの内定者インターンとしてカスタマーサポートを担当。そのときの経験がきっかけでエンジニアを志す。2014年入社。オンラインメディアや「リストファインダー」の開発を経て、現在は技術開発ユニットのセールスクラウドチームディレクターとして開発及び開発プロセスの改善やメンバーのマネジメントを担う。

事業部時代の「あったらいいな」を開発できることが楽しい

ご自身が取り組んできた仕事の中で、難しいけれど挑戦し甲斐があった仕事にはどのようなものがありますか。

山本 :私は2016年10月に技術開発ユニットに異動し、エンジニアに転身したのですが、それまで営業や営業管理として所属していた事業部での経験を活かした業務改善プロジェクトを手掛けています。自分自身が「こんなのあったらいいな」と思っていたものを形にできることが、とても楽しいですね。エンジニアとしての経験が少ないので手探りで進めている部分はありますが、貴重な経験ができていると感じています。

小笹 :私は入社1年目の頃、私はそれまでSubversionで管理されていたソースコードをGitで管理するようにして、Githubでの運用を始めたときに、一つ大きな達成感がありましたね。自身の挑戦によって、大人数で開発できる環境に一歩近づいただけでなく、新しいものを取り入れられたことで、前進できているなという手応えがありました。

中村 :私は自社メディアの開発を担当しているのですが、昨年の夏、それまで使用していた独自のフレームワークを遂にリプレース(新しいフレームワークに移行)することができました。今までの全機能を実装しつつデータベースの設計も見直す必要があったため、とても大変でしたが、このプロジェクトを通じて新しい技術の習得ができたことは大きな収穫でした。最近では積極的に外部のイベントにも参加し、最新技術の習得に努めるようにもなりました。

矢ヶ崎 :三人とも素晴らしいですね。僕は今のところ、新たな試みのベースとなる部分をつくっている段階なので、今後報告できると思います。楽しみにしていてください(笑)

開発チームを技術面でも組織面でも成長させていく

エンジニアのチームをさらに良いものにしていくために、どのような取り組みをしていますか。

小笹 :プロダクトと人の両面において、マネジメントに力を入れています。そうすることで、大人数で開発をおこなう場合でも、何を作るべきかの優先順位がブレないチームになると考えています。事業部ともより密なコミュニケーションが取れるよう、情報の一元化や開発フローの整備を進めているところです。また、リモートワークやフレックスなど、柔軟な働き方で個人の生産性を高めるような取り組みにもチャレンジしていきたいですね。

矢ヶ崎 :小笹の言うように、しっかりマネジメントしながら、組織の在り方は柔軟に変えていくということを私も意識しています。社内開発だからと甘えが生まれないよう、自分で約束した開発スケジュールには最善を尽くしてコミットすることはもちろん、特に優秀なエンジニアにはマネージャー以上の評価を与えるなどの仕組みをつくって、チーム全体のレベルを上げていきたいと考えています。技術力向上の機会を増やすため、社外との交流や最新技術の採用も積極的におこなっていきたいと思っています。

中村 :イノベーションのエンジニアは、コンサルティングのような提案から実装、新規機能の周知や利用促進まで、幅広いことが求められます。今後は技術開発ユニットのみならず、エンジニアと直接連携をとる他部署のメンバーにも、「どうすれば開発が成功するのか」を体系的に学んでもらうことで、より良いものを作っていけたらと思います。日々の業務においては、具体的な要件を定めてから納期を確定させる、プライオリティの高い依頼を見極める、計画性をもって開発するといった改善提案をエンジニアから発信していけるように頑張ります。

山本 :私は未経験でエンジニアチームへの異動を希望し、叶えてもらったところなので、その期待に応えられるよう、まずはもっとチームや会社に貢献できるエンジニアを目指します。事業と会社を支えるエンジニアチームの一員であるという意識と、エンジニアチームや事業部といった垣根を越えた広い視野を持ち、研鑽を積んでいきたいと思っています。イノベーションは部署間の壁がなく、仲の良い会社だと思いますが、営業・マーケティング・エンジニアがさらに交流を深めることで社内に散らばっているアイディアをスピーディに形にし、より良い会社にできるのではないかと考えています。

イノベーション​の開発環境​

イノベーションでは、常に新たな開発ツールの導入を推し進めています。また、チームのコミュニケーションを重視するスクラム開発や生産性を高めるカンバンを活用するなど、​エンジニアが開発環境を主体的に改善しています。

エンジニアの一日

若手エンジニア シニアエンジニア

1日の仕事の流れ

  • 出社
    8:30
  • エンジニアチーム朝会

    前日の作業内容を報告し、当日の予定を共有します。


    9:00
  • スケジュール、タスク整理

    朝会の内容をもとにその日のスケジュールを立て、タスクを整理します。


    9:30
  • 開発

    HTML、CSSの調整や、管理画面で使うアイコンを選んだりします


    10:00
  • プロジェクト定例ミーティング

    プロジェクトの進捗共有や、詳細なデザインの相談などをおこないます。


    11:00
  • 昼休み

    みんなでランチをしたり、開発チーム有志で週3回実施している社内勉強会に参加したりします。勉強会には他部署からの参加者も多く、良い刺激を受けられます。


    12:00
  • 他のエンジニアと、デザイナーとのやりとり

    開発中のサービスについての機能、デザインについて、詳細部分の相談をしたり、お願いをしたりします。


    13:00
  • 開発

    自社メディア管理画面の、新しい機能の開発をおこないます。


    13:30
  • 資料作成

    求められたデータをまとめたり、他のチームへの依頼内容を整理したりします。


    17:00
  • 退社

    プログラミングの勉強やニュースアプリで情報収集などをしています。会社のみんなと飲みに行くこともあります。


    18:00

エンジニアの本音

ここが良いところ

  • 自分で考え、行動することで成長できる「環境」がある。
  • 自分自身が「こんな機能があったらいいな」と思うものを創ることが出来る。
  • 営業部やマーケティング部と、エンジニアチームの間にコミュニケーションの壁がない。
  • 自身の挑戦により、開発環境に新しいものを取り入れていくことが出来る。

より良くしたいところ

  • 社内の情報の一元化や開発フローの整備をさらに進めていきたい。
  • リモートワークやフレックスタイムなど柔軟な働き方を推進し、個人の生産性を高めていきたい。

1日の仕事の流れ

  • 出社

    打刻した後は一日のスケジュールを確認します。


    8:55
  • 全社朝会


    9:00
  • エンジニアチーム朝会

    前日の作業内容を報告し、当日の予定を共有します。


    9:10
  • 事業部の週次ミーティングに出席

    先週こんなことやったよ!こんな便利機能つけたよ!と報告します。不具合があれば、もちろんそれも共有します...


    10:00
  • 昼休み

    社内で嫁の手作り弁当をいただきます。最近はあまり外で食べません。


    12:00
  • 開発

    午後から開発作業。色々と忙しくても1日4時間程度は開発しています。


    13:00
  • 開発要望ミーティング

    事業部からの開発依頼を受けたり、作業の進捗を共有したりします。要件を詰めていくのは、とても楽しいプロセスです。


    16:00
  • リリース準備

    リリース作業をする日は、これくらいの時間から準備を始めます。 ソースコードチェックはもちろん、動作試験も徹底的におこないます。


    17:00
  • リリース作業開始

    運用チームにリリース作業依頼を出します。リリース作業による不具合発生などはほとんど無いため、ほぼ作業完了です。報告をゆっくり待ちます(笑)


    18:00
  • 帰宅

    早い日は、このくらいの時間で帰宅します。遅くても20時を過ぎることはほとんどありません。子供が起きていれば、一緒にお風呂に入ります!


    19:00

エンジニアの本音

ここが良いところ

  • プロダクトやプログラムを作るだけでなく、個々人がより良いエンジニア組織を作っていくことに携われる。
  • 自分が納得しないものは作らなければならないといったことが無い。
  • 新しい技術を身につけなければ実現できないような大きなチャレンジをする機会がある。

より良くしたいところ

  • 組織や開発環境をより柔軟に進化させていきたい。
  • エンジニアと連携するビジネス職の開発に対する理解やマネジメント力をもっと高めていきたい。
エントリーはこちらから
新卒採用中途採用