INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

ビジネス 考えてること

企業理念inno-ism(イノイズム)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の企業理念inno-ism(イノイズム)については、当社のあるべき姿や哲学、価値観などをまとめたもの。
2005年に設定して以来、何度かブラッシュアップを図ってきました。


そして先日、社内で新たなinno-ismを発表しました。
(社外には近々公開予定です)

ここで振り返りも含めて今一度、理念経営の重要性について整理してみました。

 

理念経営の重要性

経営理念とは、会社の存在意義や目的・価値観などを表したもので、「クレド」とも言われます。
そして、その経営理念をすべての判断基準や判断基準を真ん中においた経営を「理念経営」といいます。

経営理念の発信や浸透は、組織に適切な行動をもたらし、ステークホルダーの賛同を得て企業を正しい方向に進ませると言われています。
※ステークホルダーについては前に書いたブログを参照してください。

 

経営理念の構造

各社の経営理念を見ると、いろいろなフレームワークや表現の仕方があります。
「使命、目的、価値観」や「社是、社訓、信条」、「企業理念、基本方針、誓い」、「ミッション、ビジョン、バリュー」などなど、本当にいろいろな言葉で表されています。

どれが正解というものは無いようですが、各社にあったもの、理解できるものを選んでいるのだと思います。
当社では今回は「ミッション、ビジョン、バリュー」を用いることにしました。

  • ミッション(Mission): 使命
  • ビジョン(Vision): 将来の目標
  • バリュー(Value): 価値観

 

3人のレンガ職人の話

有名なレンガ職人の話。
目的と目標などを語るときに使われる話です。

 

------

街を歩いていると3人のレンガ職人が、仕事をしていた。
そこで「あなたは何をしているのですか?」と聞いてみた。

一人目の職人は、「レンガを積んでいます」と答えた。

二人目の職人にも同じことを聞いた。すると「大聖堂を作っているのです。」と答えた。

そして三人目にも同じ質問をした。その答えは「街を豊かにする仕事をしているのです。大聖堂を立てて皆が集まる場所をつくっているのです」だった。

同じ職人でも全く違う答えだ。

------

三人目の職人は、仕事の目的が明確です。同じ仕事をするにもやりがいがあるし、レンガの積み方も変わってくるでしょう。
街を豊かにする目的に向かった良い提案があるかもしれません
この様に目的が明確になっているとそちらに導くことができるのです。

会社も経営理念があって、存在意義や目的があります。それをもとに事業計画を立て、戦略、戦術を作ります。
社員はそれをもとに働くわけなのですが、その人に共有や理解がないと一人目の職人のようになってしまいます。

理念経営の成果

理念経営をおこなうと、以下のような効果が生まれると思います

  • 正しい文化・風土の情勢
  • 意思決定の判断基準となりスピーディな経営へ
  • 顧客満足度の向上
  • モチベーションの向上
  • 組織の活性化
  • 職場環境の向上
  • 採用と定着

 

今回が4回目のブラッシュアップ。
文言は変わったが思想が大きく変わっているわけではない。
近々サイトでも公開します。
大切にしたいことを伝え続け、よりなりたい会社に近づいていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較