INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

私の読書

江副浩正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江副

江副さんの本は数多く出版されているが、これがベスト!

江副さんを知る馬場マコト氏と土屋洋氏が著者。

多くの取材を元に書かれたドキュメンタリー

あまりにも皆が薦めるので、Kindleで購入。

500ページを超える大作だが、多くの方がコメントするように一気に読めた。Kindleだから本の厚さは感じられなかったが・・・

生い立ちから東大新聞時代、起業、急拡大、事件による退任、負債返済時代、それを乗り越え新体制、そして上場で再拡大・・・

リクルートの底力は創業者である江副さんの天性のビジネスセンス、組織づくり、そしてこだわり続けた採用などが会社に染み込んだ結果だと思う。

今も「自ら機会を創りだし機会によって自らを変えよ」このDNAが今のリクルートを支えているんだろう。

OBである私達のココロの中にも深く残っている

ビジネスの考え方、スピード、本物へのこだわり、目線の高さ、大胆な決断などなどOBでも新たに多くのことを学べる書物だった。

 

今回、私が最もショックを受けたのが、事件後の江副さんの苦悩だ。

1988年の江副さん(52才)が当時お世話になっていた重鎮に配った未公開株が賄賂と認定されて、逮捕、会長を辞任。

その後、多くの政界・財界のキーマンが逮捕され、長く長く公判が続くリクルート事件の始まり。

その後の彼の心と身体の変化が、本当にリアルに描かれている。

毎日のように報道されるリクルート事件の中、私は営業マンとして普通に仕事していた。

その間こんな思いをされていたとは・・・

どんなに悔しかったのか?どんなに辛かったのか?

とてもショックを受け、悲しい気持ちになった。

事件後の25年間は本当に長く重い時間だったんだろう。

悲しい最期だったが、お世話になった会社の創業者である。

先輩の意志をしっかりついで、日本社会にいい影響を与えられる会社を目指すとぞ!と新たに思えた書物であった。

リクルート事件を知らない若手、リクルートが苦手な方でも読み物として面白いと思います。

 

アマゾンで購入

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較