INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

ビジネス 考えてること

大胆に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書き初め

毎年恒例行事になった新年書き初め大会

年始に多くの社員が書き初めにのぞむ。

一定期間社内に張り出され、個人賞とチーム賞が選ばれる。

2017-01-14 17.23.06

年始に自分の思いを書にして、それを1年間意識するというのはとてもいいことだと思う。

WIKIなどで書き初めについて調べてみた。

Wikipedia より引用

書き初め(かきぞめ)とは、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事。通常は1月2日に行われる[1]。元は旧暦の1月2日に行われた。吉書(きっしょ)、試筆(しひつ)、初硯(はつすずり)、筆始(ふではじめ)などともいう。
若水で墨を摺り、恵方に向かって詩歌を書く習慣があった。書く詩歌は「長生殿裏春秋富、不老門前日月遅」という漢詩がよく用いられた。もともとは宮中で行われていた儀式だったが、江戸時代以降庶民にも広まった。
書き初めで書いたものは左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている

字がうまくなると同時に目標などを仕事始めに書くことによって、一年の仕事がうまくいくとも言われているようだ。

 

個人もチーム戦も熱い思いをかいたり、ウケを狙っておもしろいことを書いている人もいる。

書き初めの様子は広報ブログでも紹介してます。

私の誓い

私の書き初めはこれ!

大胆

 

大胆に

上場して守りに入りたくない

大胆に攻めていきたい という思いからこれにした。

字の上手い下手は、おいておいて・・・(悲)

1年間この思いでいきたいと思う

ちなみに昨年は「上場」

有言実行でいきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較