INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

ビジネス 考えてること

創業からを振り返る 第4回:EO(起業家機構)入会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業してすぐの当面の目標は、EOの入会だった。

cmn_logo_01

EOとは 

EO-Entrepreneurs' Organization(起業家機構)とは、1987年に設立された、年商$1MILLION(1億円)を越える会社の若手起業家の世界的ネットワーク。

デル・コンピュータのマイケル・デルらが米国で創業。

現在48カ国150チャプター、約11,000名のメンバーによって構成されている。

成長欲が非常に高い起業家の集まりで、アグレッシブな魅力的な起業家が多く在籍する。

日本も95年にグロービスの堀社長が設立され、現在は東京で200社以上、大阪にも50社を超えるメンバーの組織に成長した。

 

EOジャパンの理念・目的(サイトより)

日本を代表する若手起業家が集い、相互の交流・協力を通して以下を実現する。

  1. メンバー各自のビジネスの繁栄 (ビジネスへの貢献)
  2. メンバー各自の人間的な成長 (自己成長の場)
  3. 信頼できる人間関係の構築 (良き仲間を創る)

出展:EOジャパン「EOとは」http://eotokyo.org/about/about/

複数の起業家から、独立したら絶対入ったほうが良いと言われていた。

一度見学に行ったのだが、著名な起業家も多く在籍し、すごい熱気。

ベンチャーから日本を大きく変えるんだ!という熱い人ばかりで、彼らと一緒に学びたい、成長したいと思った。

EOに入会することが、私の当面の目標になった。

1億円の売上

当時のEOジャパン(現EO東京)の入会条件は3つ

  • 創業社長であること
  • 30代
  • 売上1億円以上

上の二つは良いとして、売上1億円は本当に難しいと思った。

月で割ると833万円、毎月継続的に800万を超える売上を上げるのは、売上ゼロから始めた私には、簡単ではない数字であった。

創業して3年間、後ろを振り向かず頑張った。

テレマーケティング、ネット広告(主にリスティング広告)この2事業が伸びて、だんだん1億が見えてきた。

そして、2013年度、起業して3年経った決算で条件を満たし、2014年7月に晴れて入会することになったのだ。

 

すごい人ばかり

 

私が入会した時は50名ほどの会員だったと思う。

憧れの経営者とマンツーマンで話したり、会社に伺ったりできるこのグループに興奮した。

かなりの経営者が10億を超え、年下の社長もかなりいたが、どの人も自分より明らかに上をいっている。

社長としてだけでなく、人間性や学ぶ姿勢、経営スタイルなど本当に魅力的な人が多かった。

根っからの負けず嫌いの私は、「よし、頑張るぞ!」と気合が入った。

毎月の定例会は、六本木ヒルズで開かれ、勉強会で多くを学び、その後必ず飲みに行った。

多くの経営者からノウハウだけでなく、沢山のエネルギーも貰った。

「絶対にやるぞ!」EOの集まりから帰った夜は、いつも興奮して眠れないくらいのことも多かった。

 

フォーラム

EOには多くのイベントがある。

毎月の定例会、有志の開いた勉強会、年に一度の運動会や趣味の集まりもあった。

その中でも、もっともEOで人気のプログラムがある。

それは「フォーラム」である。

経営者、特に創業社長の悩みは多い。社員や家族、友人に相談できないことばかりだ。

7から10名程度の小グループに分かれ、特別なルールで会議を行い課題を解決していくものだ。

forum_img_mainVisual_01

出典:http://www.eojapan.org/activity/forum.html

上記の守秘義務、ゲシュタルト(アドバイスをしない会話手法)、自己責任の3つの基本方針に基づき、月に一回起きた経験をシェアする。

会社の課題だけでなく、個人や家族のこともシェアし、皆で成長しようというものだ。

私はEOに入会してから一度も休むことなく、毎月同じメンバーとこの会議を続けてきた。

会社経営のことは誰も教えてくれない。本では学びきれないことも多い。

この場で、本当に多くの事を整理し課題を解決してきた。

皆で各々、多くの危機を乗り越えてきた。

 

10年以上立った今も、落ち着いて安泰の会社は一つもない。

成長には必ず壁がある。

これからもその壁を逃げることなく、一つずつ越えて行って、皆と成長していきたい。

ほっと1000

あまり皆にはシェアしてこなかったが、私の属しているフォーラムの名前は

ほっと1000

HOT(熱く)とほっとする(リラックス)グループでありたい。

そして皆で1000億をめざそう!という意味を込めて合宿をやって命名した。

メンバーは変わってきたが、名前はずっと変えていない。

まだ1000という数字は達成できていない。

 

そして最近、皆で再度議論し、とっとと達成しよう!ということになった。

ベンチャーから世の中に大きな影響をあたえるべく、本当に頑張りたいと思っている。

■前回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較