INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

私の読書

人間を磨く 田坂 広志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「人間を磨く」とは、「非の無い人間」をめざすことではない

人間を磨く

「人間を磨く」とは、「非の無い人間」をめざすことではない。
出典:田坂 広志 人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書) 新書 – 


この言葉で始まる、田坂先生の新書。

ブログにアップして整理したくなるものだった。

以下簡単に整理して気になったことを書いてみる。

 

どんなにたくさんの経験をしても成長に際限はない。

人間として成長すればするほど、目指す高みが見えてきて、自分の未熟さを痛切に感じるようになる。

非もない、欠点もない人間を目指すのではなく、未熟な自分を抱えて生きること。

私利私欲を捨てることをせず、そう思ったらただそれを静かに受け止める。

なるほど、なるほど。

私利私欲を捨て上のレベルの人間になりたと思っていても、どうしても自分のエゴはでてしまう。

利他とか言うけど、もうひとりの自分は利己であったりする。

それを否定したり反省したり、変えたりするのではなく、ただ、ただ静かに受け止めるのだ。

 

<メモ>人間力を高めるために古典を読む3つの視点

  1. 自分の中に複数の人格を育てうまく使い分ける
  2. 小さなエゴを捨て去ろうとせず静かに見つめる自分を育てる
  3. 理想的人間像を学ぶのではなく、それに近づく具体的な修行法を学ぶ

 

今すぐ実践できる「7つの技法」

人間関係が好転する「こころの技法」

  1.  心の中で自分の非を認める
  2. 自分から声をかけ、目を合わせる
  3. 心の中の「小さなエゴ」を見つめる
  4. その相手を好きになろうと思う
  5. 言葉の怖さを知り、言葉の力を活かす
  6. 別れても心の関係を絶たない
  7. その出会いの意味を深く考える

【小さなエゴと大きなエゴの違い

小さなエゴ:自分は正しい、自分は優れている、変わりたくない

・・他人に責任転嫁し自分を直視することを避ける

大きなエゴ

・・・今の自分を変え、大きく成長したい。更に成熟した人間になりたい

人に批判された時に表れやすい。自分の謙虚さ、自信、感謝の気持ちに繋がる

 

 

事例もあって実践的でわかりやすい

職場だけでなく、プライベートや家族との人間関係においても役立つ。

おすすめです。

アマゾンで購入

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較