INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

ビジネス 考えてること

利害関係者(ステークホルダー)の利益を最大化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年度新入社員が入社して一週間。

慣れない環境、不安、そして期待が入り混じった中、みんな前向きに頑張っていると思う。

新社会人として理解しなければいけないことは多いと思うが、まずは会社を取り巻く利害関係者(ステークホルダー)を意識することがとても重要なのではと思う。
お客様、社員(上司、先輩)、パートナー、株主、地域社会・・・
会社の周りには複数の利害関係者がいる。
学生時代には友人と家族という比較的利害の一致する人とだけ付き合えばよかった
それぞれ皆、立場が違い学生の頃には登場しなかった利害関係者だ。

例えば、ステークホルダーはこんなことを会社に求めている。


お客様:売上を上げたい。コストを下げたい。プロジェクトを成功させたい
社員:待遇や働きがいをアップさせたい
上司:会社の部門のミッションを達成したい
パートナー:自社の取引を増やしたい
株主:利益を最大化させたい
地域社会:経済の活性化や社会問題の解決 などなど

異なる立場の人が異なる利害をもっており、それを整理することが大切だ。
会社で働くということは、自分だけでなく全てのステークホルダーに最高の満足を提供できるのか?が大切で、これが経営そのものだといえる。
それぞれのステークホルダーは何をもとめているのか?どうすれば最大化するのか?
それが、経営そのものだと認識すれば、自分の役割もより認識できるのではないか?

当社の新人も含め、日本の将来を背負って立つ、金の卵達にエールを送りたいと思う。

がんばれー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LF List Finder 有望商談を発掘する
  • ITトレンド IT製品を比較・無料で資料請求
  • BIZトレンド BtoBサービスをまとめて比較