INNOVATION

ベンチャー社長ブログ -イノベーション代表富田-

プライベート 刺激を受けたこと

起業家によるフィリピン養護施設支援プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が昨年から行なっているフィリピンの児童養護施設支援の活動についてブログでシェアします!

背景

パラカップ

友人のオフィスバンク森村社長が、中心となって15年間実施してきたチャリティマラソン「パラカップ

参加費やスポンサー費でフィリピンの貧困の子供たちのために養護施設”CMSP”を支援されてきました。

当社は、10年以上パラカップのスポンサー企業として多くの社員がマラソンに参加してきました。

CMSPとは

フィリピン 「CMSP」ドイツのNGO団体のフィリピン支部。Christian Mission Service Philippinesの略名。フィリピンマニラ近郊にある、児童養護施設 。5歳から18歳まで、100名余りの子どもたちが現地の理事長やスタッフと共に生活を送っています。多くのボランディアスタッフや世界の各団体からの寄付で成り立っています。貧困の子供達を教育から支援するという素晴らしい団体です。

パラカップマラソンは昨年中止になりましたが、私は一度CMSPを自分の目で見てみたく昨年夏にオフィスバンクの皆さんとマニラに訪問してきました。
貧困街や施設で子供達と触れ合い、スタッフから現状を教えてもらいました。そこで感銘を受け、また多くの気づきを得ることができました。それは私の人生の中でも最も素敵だといえる経験でした。そして私も支援すること決めました。

この貴重な体験を起業家の皆に提供してもらいたいと思い、起業家集団EOの会長の許可を得て2020年1月末に起業家向け養護施設見学ツアーを企画することにしました。

 

何故フィリピンには貧困の子供が多いのか?

訪問して驚くのが子供が多いこと。平均年齢は日本48.9才に対してフィリピンはなんと25.4才!

また日本の出生率は1.44人、対してフィリピンは2.92人。なんと約2倍なのです。

なぜでしょうか?現地スタッフにきいてみました。

避妊禁止

国民の8割がカトリック教、とても熱心なキリスト教徒で避妊と中絶ができません。
どちらもNGであれば子どもが多くなるとのこと。

子供は幸せを呼ぶという伝え

多くの国民は、子供が多いと幸せになると思っていて、貧困層ほど多くの子供を持つ傾向があるそうです。

よって、経済的に子供を育てられなくなり貧困街には学校に行けない、または親が育てられない子供が増えているとのことです。

イベント

目的

人脈そして行動力をもつ起業家達にフィリピンの貧困層の現状を知ってもらい、気づきを得ること。

その結果、支援の輪を広げることにつながればいいなと

スケジュール

2020年1月30日からフィリピンマニラへ

1日目 CMSP責任者たちと食事会
2日目 マニラ郊外の貧困街訪問、CMSP施設2箇所の見学、子供達との触れ合い

という内容です。

EOを中心に集客したところ20名のメンバーが参加することになり、私がリーダーとして起業家のみなさんをお連れしました。

貧困街訪問

普通の観光客では入れない生徒たちの実家のある街へ。4畳半のアパートに2家族、十数人住んでいる家もあった。

でもみんなとっても明るく楽しそうに暮らしている。

83883787_10221249154001368_6713526958778482688_n
83651793_10221249153721361_8155120061527359488_n

CMSP施設(デイケア)

この施設は子供たちが自宅から通いで集まる施設。ここで熱烈に歓迎を受けた。  84571995_3738213589529974_3433869182565875712_o             

   84616457_3738213259530007_4369980480372604928_oclass=

 

84639380_3738212809530052_8403016747694686208_o


CMSP施設

80名の子供達が家庭を離れ、共同生活。そこから近くの学校に通っている。

84748894_2767032766684463_2829553299605159936_o

子供達のダンスと歌で歓迎を受ける。まさかのUSA!

IMG_7888

CMSP2

日本からの20人は時間を忘れて子供たちと遊ぶ!!

15302

子供達の明るい笑顔が本当に素敵でした。

気づき

日本からの起業家たちも多くの気づきがあったようで充実した旅となりました。

私の気づきは以下

①貧困でも明るい!
 4畳半の2階建てのバラックに10人以上が暮らしている。
 そんな貧困でも子供たちはとっても明るく笑顔が素敵!


②人生をかけて支援する先生やスタッフがいること

これには感無量です。自分のキャリアを捨ててジョインされた方も多いです。


③日本はとっても恵まれている国であること。

生活もビジネスも環境が違います。もっと頑張らないとと思いました。

日本人の起業家として私たちができることはたくさんある。この活動は短期的に行うものではなく、細くてもいいから長く続けたい。

世の中に影響力を持った起業家たちを中心に体験してもらい、身のある広がりを見せたいと思っています

 

これから活動に参加した皆と次のステップに向けて活動します。

CMSPのスタッフのfacebookはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IT製品の比較・資料請求メディア ITトレンド
  • BtoBサービスの比較・資料請求メディア BIZトレンド
  • ビジネスセミナー動画プラットフォーム セミナーシェルフ
  • セールスイネーブルメントツール SalesDoc(セールスドック)
  • マーケティングオートメーションツール LF List Finder