top

menu

セミナーの成功は企画で決まる!自社セミナー企画5つのポイント

セミナーの成功は企画で決まる!自社セミナー企画5つのポイント

セミナーの成功を大きく左右するセミナーコンテンツの企画は、ご担当者様であれば一度はお悩みになることかと思います。今回はセミナー講演内容などの「セミナーコンテンツ企画」に焦点をあてて、成功に繋げるセミナー企画の5つのポイント」をご紹介させていただきます。

セミナー全体の流れについては以下の記事をご参考下さい。

1.セミナー開催の目的を明確にする

セミナーの企画時、一番初めに抑えておくべき最も重要なポイントが、「セミナー開催の目的を明確にすること」です。この目的次第で、セミナーが成功か否かを判断する基準にもなりますので、より明確な目標を設定しましょう。

セミナー開催の目的として、以下のような目的が挙げられます。

  • ・新規顧客の獲得
  • ・既存顧客のフォローアップ
  • ・商品のプロモーション
  • ・商品の体験促進
  • ・お客様との関係性作り

など

どの目的で開催するかにより、後に続くポイントであるターゲティングやメリット・特典なども大きく変わってきます。より明確な目的を設定し、出来れば集客目標や受注目標などの数値目標も含め設定すると、正確な効果計測にもつながります。

2.ターゲットとする方の関心に沿った内容か

目的が決まったら、ターゲットが決まります。目的が新規開拓であれば見込み顧客、既存顧客のフォローアップであれば既存顧客がターゲットになります。ただ、見込み顧客と言っても幅が広いので、「情報収集段階の人」に向けたセミナーなのか、「比較検討段階の人」に向けたセミナーなのか、など、具体的なターゲットを決めておきましょう。

そこまでイメージできたら、「そのターゲットの関心とニーズに沿ったセミナー内容」決めていきます。

例えば、セミナーを以下のような内容で開催したい場合、ターゲットの「関心」がどこにあるか?を考えてみましょう。

  • ・セミナー開催目的:新規顧客の開拓
  • ・販売したい商品 :SFA(営業支援ツール)
  • ・ターゲット   :営業人員5名以上の営業部長

この場合のターゲットの関心を、以下のように想定します。

  • ・売上・営業数字向上
  • ・営業の効率化
  • ・マネジメントの統制
  • ・各営業担当者の営業成績・活動管理
  • ・営業数字の集計・結果報告の効率化

※想定した関心範囲が、セミナーの企画内容に盛り込まれているかが重要になりますので、出来れば営業現場の声や過去のお問い合わせ内容などを参考にすると良いでしょう。

更に、この想定した関心範囲を、セミナー内容に落とし込みます。

例えば、

  • ・営業マネージャーのための売上アップセミナー
  • ・営業担当者の営業成績を均一化させる営業ノウハウセミナー
  • ・営業数字の見える化で、売上向上を目指すセミナー

    など

ここで落とし込んだ内容を、次のポイント以降でより具体的にタイトルやコンテンツに盛り込んでいきます。

3.タイトルに魅力があるか

セミナー内容の概略が決まったら、魅力的なタイトルに変換していきます。タイトルはコンテンツの詳細や集客にもつながりますので、自分だけでなく営業現場の方などにも意見をもらうと良いでしょう。

先程挙げた内容を、タイトルに落としてみましょう。

    ・営業マネージャーのための売上アップセミナー
    →「営業マネージャー限定!売上を上げる営業組織『5つの秘訣』徹底解説」
    ・営業担当者の営業成績を均一化させる営業ノウハウセミナー
    →「営業部『全員』が1年以上ノルマ達成出来る組織とは?ノウハウ公開セミナー」
    ・営業数字の見える化で、売上向上を目指すセミナー
    →「営業数字の『見える化』売上20%向上!?事例紹介セミナー」

一般的な話にはなりますが、以下を意識していただくと良いでしょう。

  • ・数字を入れる
  • ・『』や!などの記号を活用する
  • ・「限定」や「無料」など、わかりやすいメリットを入れる

4.参加者にとって、メリットや特典があるかどうか

当たり前の話ですが、セミナーへ参加する方は、「自分にとって有益か?」が参加可否を決めます。(日程や講師などは、そのフィルターを通ってからの決定要因になります)

メリットや特典が目に見える形で用意されていないとユーザーには伝わらないため、集客メールのタイトルやセミナー概要文などに出来るだけ具体的に明記を出来るよう訴求しましょう。

例を以下に挙げますので、参考にしてみてください。

【メリット】
  • ・売上向上や工数削減に繋がったなどの具体的な事例が聞ける
  • ・著名人の講演が聞ける(講師が著名な方の場合)
  • ・同業他社の事例が聞ける(同じく、具体数値があるとなお良い)
  • ・セミナー参加後、他で公開していない調査レポートなどをダウンロード出来る
【特典の例】
  • ・セミナー参加後のサービスお申込みで初月無料(他、料金の値引きなど)
  • ・セミナー参加者限定、無料版が使える/無料版の期間延長(30日間→60日間)
  • ・セミナー内で自社の改善策をモデルケースとして出してくれる(メール文面の添削など)

また、間接的ではありますがセミナー参加のモチベーションを上げる要素として、以下のようなものもあります。場合により、参考にしてみてください。

  • ・セミナー参加者へ、軽食をご用意
  • ・セミナー参加後のアンケート回答で、抽選でプレゼントをご用意
  • ・参加無料のセミナー

5.集客に無理がない内容か

セミナーの内容が決まっても、集客の見込めないセミナーでは意味がありません。例えば、以下のようなセミナーは集客に無理がありますので、ポイントの1から内容を見直してみてください。

  • ・そもそも参加対象者が少なすぎる(従業員数5,000名以上の社長のみ など)
  • ・元々ニッチな商材にも関わらず、定員が多すぎる(100社しか使わない商材に50名など)
  • ・企画から開催までの日数が短い(企画→開催までは少なくとも1ヶ月は空けましょう)
  • ・セミナー対象者が自社の顧客リストに含まれない(集客は顧客リストの数が重要なため)

さいごに

マーケティングの施策の一つであるセミナーですが、近年多くの企業がますます力を入れ取り組まれているようで、開催数も増加傾向にあります。その中で、いかに自社開催のセミナーを選んでもらえるか、マーケティング施策としてセミナーを通じて何を実現したいかを考えて改善していただくと、より意味のあるセミナー開催となると思います。

参考になる部分があれば、ぜひ取り組んでみてください。

セミナー開催のための実践ノウハウBook

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

最新の記事

今週の人気記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド
 第 2 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 3 位インサイドセールス実践ガイドブック