top

menu

リニューアルからが本番!Webサイトの成果を高めるための5つのステップ

リニューアルからが本番!Webサイトの成果を高めるための5つのステップ

リニューアルで自社のサイトが新しく綺麗に生まれ変わるのは、Web担当者なら誰もが嬉しい事ですよね。私も何度かリニューアルを行ったことがありますが、パートナー選定からプロジェクトの管理進行、各種意見のとりまとめ・・・リニューアルにはパワーがかかります。そんな苦労を乗り越えて新しいサイトがリリースされた時の達成感は大きいですよね。

しかし、Webサイトはリニューアルして終わりではありません。むしろ、その後の改善と検証が重要なのです。自社のサイトがターゲットユーザーにとって最適化されているのか、UI・UXは現状がベストなのか、といった観点で継続的に改善をする事で、サイトの成果向上につなげる事が出来ます。

今回は、成果を高めるリニューアル後のサイト改善について5つのステップをご紹介します。

STEP1:KPIを設定する

リニューアル後のKPIは設定していますか?

リニューアルのスタートは、「古くなってきたから」「担当者が辞めてよくわからないから」「リニューアルしたらもっと成果が伸びそう」などなど、意外とあいまいな動機から始まることも少なくありません。

そのまま進めてしまうと「リニューアルすること」自体が目的となってしまいますので、まずは課題や目的をもう少し深堀していきましょう。何はともあれ数値目標を決めなければ、リニューアルの成果がどうだったのかゴールが曖昧になってしまいます。一般的にはCV数をKPIとして設定することが多いですが、目的によっては以下のような指標も参考にしてみてください。

  • ・ユーザー来訪数
  • ・平均サイト滞在時間
  • ・閲覧ページ数
  • ・直帰・離脱率
  • ・リピーターの割合

など

STEP2:サイト分析をする

サイト分析ではデータはもちろん、リニューアルによってユーザーニーズが満たされているかも併せて分析すると、より効果的です。リニューアルをすると意外と抜けてしまいがちなのが解析ツールのタグの設置やCV設定などです。データがきちんと計測できていないと、リニューアル前後の変化やリニューアルによる成果が分析できなくなってしまいます。

■アクセス解析
Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使って、ボトルネックとなるページや遷移がどこなのかを見つけます。

■ユーザー分析
ページに来訪したユーザーのページ内行動を可視化することで、データ上では見られない課題を発見することができます。また、ユーザーの声を直接聞くことができる「ユーザーテスト」も効果的です。

・ヒートマップツール、クリックマップツール
→各ページで何が起こっているのか、ユーザーは想像通りに動いているのかを検証

・ユーザーテスト
→データでは見えない生の声から課題を拾う

ヒートマップとユーザーテスト

STEP3:何から改善するかの優先順位をつける

洗い出した課題に、改善の優先順位をつけます。サイトのゴール(コンバージョン)への影響がより大きい箇所が、最も高い優先順位となります。 優先順位をつけたら、同時にスケジュールも設定しましょう。ただし、一度に複数の施策を実施しないよう注意が必要です。どの施策がどれだけ効果があったのか見えにくくなり、改善・検証ができなくなってしまいます。

STEP4:改善策を考えて実行する

次に、課題箇所を具体的にどう変えるのか、改善策を決めます。 ここで重要なのは、ターゲットユーザーの視点で考える事です。最も求められる情報は何か、どんな遷移がコンバージョンしやすいか、仮説を立て、改善策を決めましょう。また、競合サイトを参考にして良いと思う点を自社サイトに合わせて取り入れてもよいでしょう。

改善策を実行する際は、バックアップを取っておく等、改善前に戻せる状態で実行する事をお勧めします。より良くなるという仮定で実行する改善策ですが、思いのほか悪化してしまう可能性も十分考えられます。その場合も、すぐに元に戻すことができ、損失を出す期間がより短く済ませられます。また、改善前と改善後の両方が同期間で試せるABテストツールを取り入れることも有効です。

■弊社例

課題
資料DLフォームのCVR 低下(Google Analyticsのデータより)
実施テスト
フォームのABテスト
→リニューアル後のフォーム vs リニューアル前のデザインに近づけたフォーム

自社フォームABテスト

STEP5:検証する

改善策の実行後は、必ず定期的な検証を行いましょう。アクセス解析のデータやコンバージョンの数値から、実際に数字が変わっているのかを確認します。 また、実行した改善策の直接的な数値以外にも、変化のあった数値に着目してみましょう。アクセス解析から、ユーザーの遷移の変化を読み取ったり、ヒートマップ分析等から、ユーザーの着目点の変化を分析する事で、次の課題や改善策を考えられます。

まとめ

以上の通り、Webサイトからの成果を向上させるには改善のサイクルをまわし続けることが重要です。弊社でもサイトリニューアルだけでは想定の成果向上には繋がらず、コンバージョンポイントを中心に、改善策の実行・検証を定期的に繰り返しています。数値の改善が見られないときもありますが、そこから得られるノウハウも活かしながら、成果向上を目指しています。

また、リニューアルではコンテンツの増減や表現の変更があって、ユーザーの導線や、導線毎の成果が変動する可能性も大きいので、リニューアル前のパフォーマンスや勝ちパターンは良い意味で忘れることも大切です。リニューアル後こそ、まずは課題の洗い出しから始めて、リニューアルしたサイトをより良いものに育てていきましょう。

お問い合わせ数アップのためのWebページ改善マニュアル

一緒に読まれている記事

  • [公開日]2016年03月11日
  • [最終更新日]
  •  
listfinder
BBOOK-list

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位 BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位 セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位 セミナー開催のための実践ノウハウbook
 ★新作!お役立ち資料★ マーケティングオートメーションパーフェクトガイド③実践編

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す