top

menu

読まれるメルマガを作ろう!クリック率改善5つのポイント

読まれるメルマガを作ろう!クリック率改善5つのポイント メルマガをスタートするときはネタ集めや配信設定などに集中していると思いますが、しばらく継続すると、「そういえば成果ってどうなの?」そんな話題が上がってくるのではないでしょうか。

メルマガの開封率をあげる3つのテクニック」でも紹介していますが、一般的なメルマガの開封率は10%前後、クリック率(CTR)は約2%と言われています。「配信することが目的!」という人はほとんどいないと思うので、それぞれの成果のために改善したいKPIのひとつが、このクリック率です。

どうすればメルマガを読んでくれるのか、読み続けてくれるのか、そしてサイトへ遷移してもらえるのか。今回は、メルマガのクリック率を改善するためにできるポイントを5つご紹介したいと思います。

クリック率を改善するためにできるポイント

ポイント1:書き出し

メルマガの読者は全てのメルマガを読むことに多くの時間を割くことができないことがほとんどです。そのため、冒頭の文章でその後を読むべきか読まなくてもいいかを判断しています。まずは冒頭で「必要そう」「読みたい」と思わせることが大切です。その先の文面に「自分(自社)にとって有益な情報が記載されているから読む必要がある」ということを読者に認識させるのです。

例えばメルマガの中で製品の活用事例セミナーのご案内を送る際、

「○○システムに関するセミナーを実施します。詳細はメルマガの最後に記載しますので是非ご覧ください。」

と書かれているよりも、

「○○システムの活用事例を紹介するセミナーを実施します。導入を検討中の方、今後社内での活用促進を行いたい方は是非メルマガ後半の詳細をご覧ください。」

と「対象」や「内容」が具体的に書かれているほうが、必要性を感じやすくなるので文面を読んでもらいやすくなります。

ポイント2:構成

書き出しでうまくメルマガの中に引き込むことができても、情報が点在していて何を言っているのか伝わらない構成では読者は途中でメールを閉じてしまいます。つまり、どこに「有益な情報」が記載されているかが一目瞭然でなければなりません。
先頭に目次を入れたり、見出しやコンテンツの切れ目などを、罫線をうまく活用するなどして、見やすいメルマガの作成を心がけましょう。

例を用意しましたで、下のA、Bのメールを見比べてみてください。

■メールA

文章はまとまっていますが、どのような内容が書かれているかがぱっとわかりません。
わかりにくいビジネスメール

■メールB

Aよりも更に、飾り文字や罫線をうまく使って読者がコンテンツをぱっとみてわかりやすいように、またWebへの誘導もわかりやすく整えられています。
読まれるビジネスメール

Aのメールは、見づらいわけではありません。 しかし、Bのメールは、斜め読みしている人にも読んでほしいポイントを視覚的に伝え、クリックを誘導することができます。

また、定常的に送信するメルマガであれば同じテンプレートを使って毎回の構成をある程度そろえておくことも、忙しい読者が必要な情報をすぐに獲得できるようになるので、メルマガ離れを防ぐことのできる有効な手段です。

ポイント3:私信風

開封率向上の施策としても紹介しましたが、差出人を通常、送り先の方とやり取りをしている担当者に設定することで安心感を与え、開封率・クリック率を向上させることができます。そのためには、内容によってメルマガにするのか、私信風にするのかを分けて文面や構成も工夫する必要があります。

たとえば、一般的な知識や業界情報、製品・サービスの改善情報など情報の浸透から長期的な目線で営業活動につなげていきたいような内容についてはメルマガとして送信していたとしても、短期的に効果を出したいセミナーやキャンペーンの施策については個別の担当者からの私信風に送信したほうが開封率が高まります。

ポイント4:セグメント

上記のポイント1~3の施策を実施したうえで、メールの開封やクリックしたURL、業界、WEBサイトへの流入頻度や閲覧ページなどの状況に応じて配信内容を変えると、より的確に「必要な情報」を「必要とする人」に送ることができるため、興味度合いを高めることができます。

ポイント5:配信日時

一般的に、メールは「仕事前」や「昼休み後」に見られる事が多いようです。特に8時~9時ごろ、12時~13時が最も読まれる傾向にあります。ただし、曜日によって状況が変わるので注意が必要です。例えば、週明けの月曜はほかのメールが溜まっている可能性があるので、むしろ12時~13時の昼休み明けに配信する方が読まれる可能性があります。配信時間帯も狙ったうえで上記施策をすると、より読まれるメルマガに近づくことができます。

まとめ

いかがでしょうか?流入を解析するツールを使っていれば、上記の施策と併せてどの顧客の興味度合いがどの程度高まっているかを確認することもできます。
メルマガの効果は1日にして成らず、小さなことからコツコツと改善し継続していくということが最も重要です。気付いたこと・できることから進めてみましょう。

メールマガジンで成果が出せる「メール配信必勝法」

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド  ★新作お役立ち資料★ お問い合わせ数アップのためのWebページ改善ガイド >> その他の資料一覧はこちら