top

menu

必見!情報収集の渦に飲み込まれないための7つの心得

必見!情報収集の渦に飲み込まれないための7つの心得 みなさん、普段の情報収集はどうやっていますか?「調べてたらもうこんな時間!まずい!」といった経験は誰しもがあると思います。 デキるビジネスパーソンは、必要な情報を瞬時に持ってくるイメージがありますが、どうやっているのでしょうか?

今回は情報収集における前提や、してはいけない、こうあるべきといった心構えを紹介していきたいと思います。

情報収集における前提・目的

はじめに、忘れがちな情報収集の前提と目的を整理していきます。

前提:情報収集の目的は「アウトプットと成果」

自戒も込めて書きました。まずは情報の前提から確認していきましょう。

情報とは、「なにかをするための根拠や、説得力を増すためのもの」だと思っています。 「情報を集めること」自体が目的ではありません。

つまり、情報収集とは、「前に進むための情報を集めること」が目的です。この前提と目的を忘れないようにしましょう。

例えば、今後の市場動向についてプレゼンするとします。 その場合、現在の市場動向と、将来予測の情報を調べる必要があります。 「今後のIT市場は伸びていく」だけだと、信憑性がありません。市場規模はこれくらいあり、A社の調査の結果、市場成長度はこれくらい…といった主張ができれば説得力が増しますよね。

ただ、現在の市場動向と将来予測の情報が必要だ、という考えもなしに無闇に調べると、時間がいくらあっても足りません。 ですので、必要な情報に当たりをつけ、少ない時間で調査をしましょう。

情報収集は、こういった前提と目的があったうえでするべきです。 収集家にならないように注意しましょう。

「仕事」と「趣味」を切り分ける

情報収集をしていると、途中から「趣味」になってしまっているときがあります。 これは、興味がある分野の調査中や、遭遇した情報が面白かった際に陥りやすい現象です。

会社の「仕事」を、時間内で最大限の成果を生む行為と捉えた場合、向かうべき対象は仕事、もしくは会社です。「趣味」の対象は自分に向いてしまっています。

能力の向上や知識の深掘りはいいことですが、あとで個人的に調べるなど、目的に沿った情報収集をしましょう。 まず向かうべき先は「仕事」です。

もちろん、深堀りすれば質があがる…というものはまだまだ調べたほうが良いですね。しかし、仕事には期日があるものも多いハズ。「仕事」と「趣味」を混同しないように気をつけましょう。

情報収集における成果とは?

では、「情報収集における成果」とはなんでしょうか。 それは、

  • ・仕事を前に進める情報を、可能な限り早く手に入れること
  • ・いい意味で、目の前の仕事の幅を広げること

だと思います。

仕事では、まず時間が決まっており、高いクオリティも求められます。当たり前ですが、少ない時間で高いパフォーマンスを発揮すると、評価が高くなりますよね。 情報収集は、そういったパフォーマンスをあげるための手段です。 少ない時間で高いパフォーマンスを発揮できるよう、情報収集していきましょう。

情報収集時に「してはいけないこと」

情報収集の前提は伝わりましたでしょうか? 次に、情報収集を有効に進めるうえで「してはいけないこと」から見ていきましょう。

・時間を決めずにやること
「してはいけないこと」ひとつ目は、「時間を決めずにやること」です。 会社や人にもよりますが、多くの場合1日の勤務時間は7〜8時間です。 時間を決めずに「気づいたら時間がたってた!」となるのと、30分と決めて「ここまでは見えたから、あとはこの部分の情報収集を追加で行おう」とある程度成果をだすのでは、どちらがいいかは自明ですね。
・情報源をきちんと確認しないこと
あやふやな情報は信憑性がありません。特にビジネスの世界においては、根拠が必須です。 行政やリサーチ会社の情報は信頼度が高いので、有効に活用していきましょう。
・必要ではない情報や網羅的に調べること
いかに早く情報源にたどり着き、それを獲得するかが重要です。 網羅的に調べると、時間のロスが生じてしまいますので、未知の情報を調べる際にも、仮説を立てて調べましょう。

情報収集時に「するべきこと」7選

「してはいけないこと」を見てきましたが、次に「するべきこと」を7つ紹介します。

1.「 成果は何か」明確にしてから調べる、アウトプットを意識する

作業に取り掛かる前に、今回の情報収集における成果を一旦決めましょう。 調べている際は、「アウトプット時にはどうするか?」と念頭に置いて調べてましょう。 情報収集をしていると、情報量に埋もれてしまうときもあるので、紙に書いておいても有用です。

2.時間を決めて調べる

15分、30分と決めて調べましょう。

例えば、提案書を作る場合、まず、何時間で作るのか計算します。 次に、構成を考えた上で、「各パートはこれくらいの時間をかける」と計算します。 そして、「調べなければわからない分野はこれくらいあり、何分かける」と決めます。 そのように計算した結果、情報収集に15分必要ならば、計画に説得力が生まれます。

計算を踏まえた計画ならば、もし仮に15分をオーバーしても、上司にきちんと報告ができ、次の課題が見つかります。 自己管理力を向上させるためにも、時間設定をする癖をつけましょう。

3.情報源にあたり、正確な情報かを確認する

経産省や総務省のデータ、企業独自の調査情報に行き着ければ、よりベターだと思います。 情報源がわからないと説得力が失われてしまいます。 情報源のURLや参照をメモしておくことが重要です。

4.調べる前に仮説を持ってから調べる(確認するイメージ)

仮説を持って情報収集に取り掛かり、答え合わせするような情報収集ができれば、自分の考える力を養うこともできます。

また、調べる内容を構造的に整理することが重要です。 構造的にAとBは関連している、CはDを深掘ったものだ、などのように、整理して取り掛かると効率的だと思います。

5.調査した項目を構造的に捉える

調査した項目を構造的に捉えると、トピックが抽象的であるときに有用です。

例えば、Webマーケティングについて調べていた場合を考えてみましょう。 コンテンツマーケティングや、オウンドメディアマーケティングも含んでおり、別途調べる必要が出てきたとします。 その場合は、抽象的な仮説だったという裏返しなので、別途時間を取って深掘りしていきましょう。

6.オンラインとオフラインを使い分ける

ここでは、オフラインは本、新聞、人、オンラインはインターネットを介在したもの、と定義します。インターネットは誰もが知りうる情報に対して、人からの情報は独自の価値がある可能性が高いです。

一般論と独自の情報を織り交ぜ、オリジナルの意見、主張を持つと情報の価値が増します。

7.why?(なぜ?)so what?(だからなに?)を意識してインプットする

この意識を持つと、インプットの質がひとつ高まります。 why?でより情報の深さが増し、so what?で情報が新しいものに生まれ変わります。

例えば、「A社が株を上方修正した」という例で上の考え方をしてみましょう。

why?を考えると、
  • ・既存のBという事業が計画よりもよかった
  • ・コストが計画よりもかからなかった

という見方をすることもできます。

so what?を考えると、
  • ・事業により投資をしていくかもしれない
  • ・継続的に高い収益を出していくために、社内の管理システムに投資をするかもしれない

という見方をすることもできます。

インプットを最大化するためにも、why?とso what?を意識して情報収集しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログの普及やメディアの多様化から、情報収集の機会は増えてきました。 ですが、「興味がある情報のみ追うと教養がなくなる」という懸念も生まれ始めています。

オフラインとオンラインを使い分けたり、サービスによって目的を変えてみると、偏りがなくなり、質のいいインプットができるかもしれません。 本記事を活用し、情報収集を有意義に進めていただけたら幸いです。

BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)

一緒に読まれている記事

listfinder
BBOOK-list

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位 BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位 セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位 セミナー開催のための実践ノウハウbook
 ★新作!お役立ち資料★ マーケティングオートメーションパーフェクトガイド③実践編

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す