top

menu

コンテンツマーケティングの効果を高めるメルマガ活用法

コンテンツマーケティングの効果を高めるメルマガ活用法

昨今のBtoBマーケティングの手法として「コンテンツマーケティング」を軸にして、インバウンドの増加や顧客育成に取り組む企業が急激に増えてきています。コンテンツマーケティングは、One to Oneメールやメルマガなどの「メールマーケティング」と連動して施策を行うことで、その効果を高められる可能性があります。

今回は、「コンテンツマーケティング」の効果を高めるためのメルマガを活用方法についてご紹介します。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

「コンテンツマーケティング」とは、製品を導入された方や導入を検討されている方にとって有効な情報(コンテンツ)を発信することで、お客様との継続的なコミュニケーションを行ったり、企業のブランディングや興味・購買意欲を喚起したりする、マーケティング手法のことです。

例えば、BtoCでは調味料のメーカーが料理レシピのサイトを運営していたり、洗剤メーカーが掃除のコツを紹介するサイトを運営している場合などが該当します。BtoBではBtoCに比べるとまだ少ないですが、導入後のお客様に向けてコミュニケーションを図ったり満足度を高めるために活用するというよりは、導入前の方に向けて業界情報やノウハウ、導入のコツなどを伝える内容のものが多いようです。

メールを活用してコンテンツマーケティングの成果を高める

コンテンツマーケティングの成果を高めるためには、もちろん質の高いコンテンツを用意する事が大切ですが、閲覧数を増やすことも同じくらい重要です。例えばメールを活用することにより、一度に多くのユーザーに訴求をすることが可能になります。

1.コンテンツサイトの内容を訴求する

基本的な施策ですが、コンテンツサイトに発信したい情報(最新の業界情報、製品のバージョン情報など)を用意し、その情報への流入を促すようなメールマガジンを送信します。
メール配信に初めて取り組むのであれば、既にあるコンテンツを元に作成することができるので、特にお勧めです。コンテンツ内容の訴求もできますし、もし内容を気に入って頂ければ、定期的にサイトを閲覧するファンの一人になってくれます。

2.ユーザーの行動を解析して、改善する

メール配信の際に、個人のアクセスを解析する仕組みを実施しておきます。
例えば開封率やクリック率、その後のWebサイト回遊状況などの指標を回収することができれば、配信した顧客はどのような情報に興味があるかを後から確認することができるので、どのような情報を発信すれば製品への興味や訴求を高めることができるのか参考にすることができます。

3.ユーザーの興味に合わせて配信するコンテンツを出しわける

メルマガは、多くの人に訴求ができる施策ではありますが、同じ内容を一斉に配信するため、本当に欲しい情報を全員に届けることが難しいという側面もあります。 少し手間はかかりますが、配信ユーザーの興味を把握しその興味に合った内容や訴求を行うことで、その効果を飛躍的に高める事ができます。 ユーザーの興味に合わせたメール配信

合わせてソーシャルメディアも活用する

作成したコンテンツを、定期的にSNSで発信をすることも、効果的な施策のひとつです。サイトのファンに対して、新しいコンテンツなどをSNSを通して告知をすることができます。また、良いコンテンツであれば、シェアなどによって、拡散されることがあるので、一気にたくさんの人に見てもらえる可能性もあります。

また、ターゲットをセグメントして広告の配信もできるので、狙いたいターゲット層へ訴求することもできます。


作成したコンテンツをSNSで発信

まとめ

このように、コンテンツを定期的に作成していく際には、合わせて「どうやってより多くのユーザーに見てもらうか」を考えていく必要があります。 まずは、メルマガの活用や成果改善から取り組んでみてはいかがでしょうか。

コンテンツマーケティングを始める前に 最低限知っておくべき3つのポイント

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

今週の人気記事ランキング

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)
 第 2 位セールスマーケティングマニュアル
 第 3 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド  ★新作お役立ち資料★ お問い合わせ数アップのためのWebページ改善ガイド >> その他の資料一覧はこちら