top

menu

CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)とは何か?MAとの違いを含めて解説!

CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)とは何か?MAとの違いを含めて解説!突然ですが、CCCMという言葉を聞いたことはありますか?CCCM(クロスチャネル・キャンペーンマネジメント)と聞くと難解そうな言葉に思われるかもしれません。しかし、デジタルマーケティングが進む現代では、非常に注目を集めている手法です。
今回はCCCMの特徴から、混同しやすいMAやメール配信ツールとの違いまで、さまざまな角度から見ていきましょう!

CCCMとは?

CCCMはクロスチャネル・キャンペーン・マネジメントの略です。 それぞれの単語は以下のような意味を持ちます。

チャネル:
顧客との接点(電話・メール・店舗・Webサイトなど)
クロスチャネル:
チャネルが複数あること チャネルごとに蓄積されたデータが連携
キャンペーン:
マーケティングにおける宣伝活動
マネジメント:
管理

そのためCCCMとは、オンライン・オフラインを問わず、顧客とのあらゆる接点を連携して活用し、One To Oneで顧客へアプローチする手法を指します。

簡単な例を見てみましょう。

「あるECサイトを見ていたら傘を見つけた。すぐに買うつもりはなかったが、素敵な傘だったのでほしいものリストに登録をした。
ある日の帰り、雨が降ってきた。雨宿りをしていたら、そのECサイトから『今日は雨ですね。傘のご購入はいかがですか』という内容の通知がLINEで届いた。」

one to one add ここでのアプローチのポイントは、4つあります。

データの取得:
ウェブサイトの利用データ、位置情報、SNSアカウント、位置情報、などのデータをチャネル経由で取得・蓄積
複数チャネル:
アプリのプッシュ通知やメール、LINEなど
One to One:
データに応じた個別のアプローチ
自動化:
データをもとに自動でメールを送るなど、複数のチャネルで取得したデータを活用し、自動配信を設定

CCCMとは、このような仕組みで成り立っており、CCCMを可能にするツールのことをCCCMツールと呼びます。

なぜ、CCCMが注目されているのか

CCCMが注目されている理由は大きく2つあります。
「顧客の価値観と行動の多様化」「チャネルの多様化」です。

テクノロジーの進化により、スマートフォンやインターネットが普及し、あらゆるものごとがオンラインで行われるようになりました。
手紙からEメールになり、SNSやメッセンジャーなどに移り変わることによって、人々の消費活動や、購買行動は大きく変わってきています。また、情報化も大きく進み、人々の周囲には情報が溢れてきました。企業側のアプローチもそれに合わせて変化してきました。このようにして、顧客の多様化が進み、多様化した顧客に対してOne to Oneアプローチを行うCCCMに注目が集まったのです。

CCCMとMAの違い

続いて、CCCMと混同されることが多いMAについて考えていきましょう。

MAとはマーケティングオートメーションの略で、CCCMと同じく「最適な情報を最適な相手に最適な手段で」伝えることを目的とし、あらゆるチャネルで、あらゆるデータをもとにOne To Oneのアプローチを行います。しかし、MAはBtoB向け、CCCMはBtoCを想定しています。そのため、多少の違いが存在します。

CCCM MA
目的 クロスチャネルを通じたアプローチ管理 見込み顧客の育成と管理
ターゲット BtoC BtoB
データ量
購買プロセス 短い 長い
購買額 小さい 大きい

また、広義ではMAの中にCCCMが含まれることもあります。

CCCMとメール配信ツールの違い

次に、CCCMとメール配信ツールが混同されることも多いので確認していきましょう。 メール配信システムとの違いは、大きく3つあります。

・アプローチチャネル数

CCCMは、クロスチャネルを用いてアプローチを行うため、メールはもちろんラインやメッセンジャー、SNSなども扱います。それに対して、メール配信ツールは、メールのみを扱います。

・扱うデータ

メール配信ツールは、一般的に、顧客の年齢や職業、性別などの属性データをもとにセグメントしアプローチを行いますが、CCCMはWebのアクセスログや購買データなどあらゆるデータを組み合わせてアプローチをします。

・自動化

CCCMはキャンペーンを設計し、特定の条件に合う顧客に対して施策を自動化することができます。

最後に

CCCMとは 「最適な情報を最適な相手に最適な手段で」伝えることを自動化した仕組みです。 CCCMはあくまでBtoC向けのものではありますが、データを活用し「最適な情報を最適な相手に最適な手段で」伝えることについては、BtoB向けのMAと大差はありません。

消費者の行動が多様化していく現代。One to Oneマーケティングという言葉に代表されるように、今後ますます、顧客の興味や行動は多様化していくでしょう。One To Oneのコミュニケーションを意識し、顧客に対して適切なアプローチを打っていきましょう。

BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)

一緒に読まれている記事

listfinder
seminarshelf

キーワードから記事を探す

メルマガ登録


プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

最新記事やお役立ち資料をお届けしています!

人気記事Ranking

最新の記事

カテゴリーから記事を探す

お役立ち資料 月間DLランキング

 第 1 位セールスマーケティングマニュアル
 第 2 位簡単に始めるリードナーチャリング実践ガイド
 第 3 位BtoBマーケティングスタートアップガイド(基本編)